ブログ
【NEW】新サービスのお知らせ
2018. 6. 4/町屋教室のブログ /


春に全塾生のご家庭にオンラインアンケート調査を実施しました。ただ集めただけ、では意味ないですから、ひとつひとつご要望にお応えしています。お前は亀か!という速度ではありますが、進んでいる、これ、重要です。

アンケート調査で今回一番ご要望が多かったのが、『我が子の教室内の様子を教えてほしい』というものでした。実は現在、そういったご要望に応えるアプリやシステムがいっぱい開発されています。私達も導入しようと思ったのですが、荒川教務主任の『わざわざ既製品入れなくても(主に吉元先生の努力があれば)、自前のシステム構築できますよ』という一言で一念発起、我々は独自システムで保護者との連絡ツールを構築、6月より実装することになりました。

・・・と、大げさに言っていますが、すでに昨年自由塾町屋教室の教務日誌はオンラインで構築済み。教務日誌には、

●進捗
●宿題
●所感

の欄があり、講師が1日中にUPすることで全講師が担当生徒の進捗を共有しています。で、こちらをご希望のご家庭にシェア(コピペ作業がブラボー先生の手打ちになります泣)する仕組みが整いました。

こちらのサービスは基本的にチュートリアル・私立中対策・小学英語の個別指導のサービスになります。都立中高一貫校対策クラスはクラスの進捗ベースになるのでご了承ください。

溜まった仕事にしたくないので、ルールとしては一週間を目安に、教科、生徒名、学年、そしてシェアする媒体を選んでフォームに登録、ブラボー先生から指定された媒体に、過去一週間分の教務日誌シェアがお返事が来る、という仕組み(メール・ライン・あんしん伝書鳩メールのいずれかで対応)。ローテクなんだかハイテクなんだかわかりませんが、塾内の様子を知ること、お子様の学習を皆で共有することで、成長を見守って行こう、という試みです。

不具合、ご要望に応じてこのサービスも変化していくことでしょう。ニーズが無ければひっそり消えます(笑)。いいの、試行錯誤!トライ&エラーを子供達に説いているので、率先してやりますよ!

HP町屋教室案内から入ってこちらのボタンをクリックしてください。



こちらのサービスは内部生専用ですが、外部生・入塾を検討されている保護者や通りすがりの保護者のお悩み事解決の為、一応こんなものも実装されています。もし良かったらご利用くださいね。



元ネタは『ナミヤ雑貨店の奇跡』
自由塾町屋教室
ブラボー先生®






楽習のすゝめ
2018. 5. 28/町屋教室のブログ /
【断言】活きが良い方が断然よいのだ

熟成ブームですね。(もはや古いか?)でも学習塾のブログですから、食べ物の話じゃあないです(私は自身に自由塾町屋教室や学習以外の話題を禁じております笑)。お勉強のはなし。そうです、宿題にも鮮度はあるのです。皆さんも短期記憶と長期記憶の話をどこかで聞いたことがあるかと思います。つまり、覚えた事柄は一度は倉庫(脳みそ)に入れられるけれども、ずっと倉庫にしまっておくか、さっさと処分するかは倉庫内でかってに判断しちゃうんですね。で、どのように倉庫にとどめて置けるかというと

〇捨てちゃダメってガリガリ壁に爪痕残す(ショック療法)
〇なくなってないか心配で、しょっちゅう見にいく(復習)

になるそうです。で、ショックが大きければ大きいほど、何度も見に行けばいくほど、倉庫に長く保存されるそうです。

で、そういった作業をしていない事柄は、倉庫の番人・海馬と呼ばれる器官があって、結局コイツが選別しちゃうのです。これはいる、こっちはいらん、と。仕分けるという事です。

一度見聞きしたら、『もう習った』、『やったことある』と大騒ぎする前に(笑)、『自分のものになった=習得したか』をはかるのには、これはもう復習しかありません。一度やったことが二度三度とできるかどうか。ですから、臆病なくらい何度も何度も倉庫をチェックにくる子こそ、その後の記憶定着に結びつくのかもしれませんね。ここらへんは性格にも因ることが多いでしょうから、試行錯誤して自分のスタイルを確立してほしいです。

ただ、どんな子であろうと最大公約数的に考えると、宿題は記憶の定着の為にすぐすべきだ、と断言できます。そのうえで、何度も復習していけばなおよいのかと思います。

自由塾では基本的に、やっている部分の先の所を予習的に教えて演習してもらい、類題や同じ部分の解きなおしをベースに宿題をだすような授業スタイルで、

① 塾での学習(予習)
② 宿題で自学⇒予習部分の復習(ココがポイント)
③ 学校で学習(学習としては3回目)
④ 学校の課題
⑤ 塾で宿題答え合わせ


を、無理なく学習できるようにデザインしてありますが、これに個別指導ならではのプラスαを足していきます。それは、この子が本当に履修できたかどうか。講師はロボットではないですし、子供のことをよく見ています。また、付け焼き刃な指導をしているのではないので、子供が本当に理解したかを見抜けます。ただし、これって生徒の努力が土台になっていますから、上記ポイントを上手く出来る子もあまりうまくいなない子もいるよ、というお話し。やっぱり、宿題をその日のうちから少しでも手をつけ、一週間毎日少しづつやっていくと定着できるみたいです。

宿題を提出日にひいひい言ってやって、しかもやり方わすれて半ベソかいて大人に叱られ、こんな思いを何故するんだ、と過去の怠けた自分に悪態つく子供は、結局勉強が楽しいだなんて思ってくれません。中学生になったら時間がない事を理由に課題の答えを丸写しした【作業】で満足する子もでてきます。

だから、だまされたと思ってやってごらん?と声掛けして、そうして宿題ができていたなら思い切りほめるのです。

叱れながらやった宿題も褒められてやった宿題も同量。でも、こどもはそこまで気がまわりません。わたしたちがうまくアドバイスして、誘導してあげたらいいなあ。と思います。


はなまるもらって、たのしくべんきょう。



そういう指導を私は今後、『楽習(学習)のすゝめ』と呼ぶことにします。






また、商標掛けるかな(笑)
自由塾町屋教室
ブラボー先生®


※追記・・・さきほどふと思って検索掛けたら、もうそういうことば、出回っていました。“楽習”と思いついてうわ~っとコラムを書きましたが、どうやら私が最初じゃあないみたい(笑)。



続・文章読解が苦手な子
2018. 5. 21/町屋教室のブログ /


自由塾町屋教室です。前回反響の高かった文章読解が苦手という子に対して真正面から向き合ったコラム【文章読解が苦手な子】(☚未読の方はクリックして読んでください。)。教務主任吉澤に続編を書いてもらいました!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


前回、『なぜ本好きにもかかわらず、文章読解が苦手なのか』というブログを書きました。今回はその続きです。(^-^)/

読解問題を御子様に教えることってありますか?そんなときに、気をつけて欲しいことがあります。良くありがちな「自分に置き換えて考えさせる」という教え方、実はこれ、駄目です。(*_*)

例えば「〇〇(御子様の名前)だってこういうときは、飛び上がるほど嬉しいよね?だからこの主人公も飛び上がるほど嬉しいんだよ」という教え方です。

これは一見良さそうに思えますが、結局のところ『自分というフィルターを通して考えさせている』ので主観がいつまでも抜けません。小説で失点してしまうのはこのタイプが多いです。

しかも文章題のほとんどは、子供たちには未経験の分野の話ばかりです。未経験であるのに、自分に置き換えることは出来ませんよね。そして厄介なことに、自分に置き換える癖が一度ついてしまうと、そのやり方を修正するのはなかなか大変であり、時間も余計にかかってしまうんです。

ではいったいどうしたら良いのでしょうか?

これは単純なんですが「正確に読む」これしかありません。たくさんの文章読解を経験することで、正確性を身に着けていくんです。学校の教科書の文章だけで、受験で戦うとなると(中高校受験問わず)数としては不利です。しかしやたらに数をこなせばいいというわけでもなく、そこは理論的でないとなりません。

さて、ここまで『主観を捨てなさい』とちょっと主観を悪者扱いとしてきました。が、主観がたくさん要求されるという事態も、ここ最近起きています。都立高校受験では「自分の意見」を書かされる問題が200字毎年出題されます。大学受験においても2020年の改革で、やはり小論文が要求されます。その影響を受けて私立中高も「自分の意見」を書かせる学校が増えてきております。国語だけでなく、理科や社会という科目からも出題増加傾向にあります。

もう、お気付きですか?

つまり・・・・

主観を育てながら客観を養わなければならないということです。どちらが欠けても駄目、スパッと上手く切り換えられるスキルが必要というわけですね‼でも一度その切り換えが出来てくると模試の偏差値が安定してきます。一定以下の点数にはならなくなる・・・・国語はそんな科目でもあります。\(^_^)/


かつて講師駆け出しの頃、とある学校の過去問で苦戦したことがあります。そこの学校の過去問だけ、記号が全く合わないんです。(笑)その学校の記号設問は、全て5択でした。そのうち必ず2つは、文章内に書かれているというもの。つまり、答えの候補が常に2つ用意されていたんです。で、ことごとく私はハズレ❗

それもそのはず。私はその学校が求める生徒像を把握しないまま、過去問だけ解いたからです。(笑)つまり、その学校の求める生徒像に重なる解答を選択した子が、自然と合格するように出題されていたんです。

ですから読解力を伸ばす癖の無い文章、良問だけを選ぶということも実は大切なことなんです。

我々講師も日々努力です(^-^)/





自由塾町屋教室
教務主任 吉澤


【振替100%の塾?!】
2018. 5. 14/町屋教室のブログ /

・・・このごろ、体験授業希望の保護者と面談でお話しする機会が増えています。色々と話し込むので、相談者によっては1時間くらい話し込みます。私は最初から保護者に体験申込書にサインさせて、カレンダーを見て受講予定を決めて、などの乱暴なステップは踏みません。まずはお話しを聞いて、それから教室のお話しをして、教室内を見学していただいた後に、一度ご自宅でお子様と話し合ってもらってから初めて体験受講の申し込みをしていただいています。その後1ヶ月(およそ4週間)、講師との相性をみてからようやく(笑)、今度は入塾を検討していただきます。ですからこれから入塾・転塾を希望される生徒は大体夏期講習前の期末くらいが入塾目安になるでしょうか?時間をたっぷりかけて、もう転塾しなくて済むよう、これからずっと学習する場所を決めてもらっています。あくまでも勉強するのは子供ですから、どうして転塾を希望されているかの理由も良く伺うようにしています。話をきいていて、転塾などしなくとも今の塾でいいのかしらん?と思ったら、正直にそのように言うようにしています。そうすると、だいたい保護者は目を丸くされますね(笑)、はい。

面談中、振替についての質問をされる方がいます。振替にルールがあったり、そもそも振替に対応していない塾もあるそうで。このブログは、塾を探している保護者の方も多く読んでいると思いますのでここはきっちりしておきたいです。

【振替は100%します。ただし、有難迷惑なら帰ってください。】

いうまでもなく、勉強するのは保護者でも私達でもなく子供達です。やるならトコトン付き合いますが、まれに『言われてきている』子供がいます。はっきり、『親に言われたから、振替に来た』という生徒がいます。人間関係を大切にしている私達にとって、こういった言動は悲しいですね。それに私達は担任制を敷いていて、生徒が来るのを準備して待っています。予定は、出来るだけこちらを優先させてほしいです。振替は多くの場合、担当が変わっちゃいますから。

もちろん、そうなっても対応できるよう、手書きのカルテやIT教務日誌を活用していますが、振替は無いに越したことはありません。授業を休むという事はそこに穴が出る、という事です。その穴を違う授業コマで埋めるのですから、いつもと違う講師になる場合もあるでしょう。そんな生徒が、今日は自分のくる曜日ではない、と半ば不貞腐れながら、つくえの上になにも出さずに、『今日何やるの?』な〜んて聞いてきたり、『親に言われたから来た』などと言う。当然叱られますね。やりたくないなら帰っていいぞ、と言われちゃいます。勘違いをしている生徒には厳しく指導します。たしかに私達は月謝をいただいてるし、休んだらもったいないので振り替えますよ、と事あるごとに言っています。でも教わる者として最低限の礼儀がなってない子供はキッチリ教育します。帰れ、という時だってあります。まあ、最近ここまで言われるほどツッパッてる子はいないですが。

ですから、ちょっと振替ポリシーを変えます。

自由塾町屋教室では、

【お子様がやりたい、と望むなら】振替は100%やりますので、ご相談ください。





以前ため込んだ振替で
一ヶ月分位授業したことがある泣
自由塾町屋教室
ブラボー先生®



こんな生徒になるために!自由塾をお勧めします!
2018. 5. 7/町屋教室のブログ /

色々な塾のホームページをご覧になっている保護者の方に向けて、今回はストレートに自由塾が育てている生徒像をご紹介します。

自由塾は【いきいきと学ぼう】が塾是の、進学・補習を中心に指導する、集団/個別の学習塾です。下は未就学児・受験非受験小学生から高校生まで、能動的に自分から勉強する子のお手伝いをさせて頂きます。ですが、うちの子勉強出来ないのです、と嘆くお母さんに、自由塾に来ればまるで何かの魔法にかかったように点数取れますよ、とは、とても言えません。こどもがどんな子か分からないので、そんな無責任なことは言えないというのが本心です。ただ、ゴールはそこよ、という風に説明しています。

もちろん、ゴールを志望校合格に設定している生徒も多く在籍しています。目的はそれぞれあっていいと思います。ただ、無気力・無関心の子供をバリバリやる子に【無条件に】しますよとは、これも言いませんよ、という事です。勉強出来ないのではなく、今まで正しい勉強をしてこなかった子に、勉強の仕方、姿勢をコーチングする。これが核になっています。

ですから、宿題はかならず出します。そうしてやってこないと塾から親御さんに連絡が行きます。過去にはそれが原因でこじれて退塾者を出しましたが、これは開校当初から、塾と子供とのお約束。宿題をやらずして、復習無くして向上なし。宿題やらなくても成績あがるなら、むしろ私が知りたいくらいです(笑)。塾の課題・宿題は、基本的にはやったことの反復になるようにしています。ですから、時々保護者のご相談で“宿題わからないからやらなかったのではなく、できなかった、と言うんですけど、どうすればいいでしょうか?”なんて聞かれますが、そもそもそんな言い訳を通用させちゃっている時点で、子供は親御さんをチョロい、と思っているかもしれませんよ。今度改めて書きたいと思いますが、【宿題は鮮度が大切】なのです。宿題は前述の通り、やった範囲とリンクさせているのだから、分からなくなっているのであれば宿題をするまでに授業から時間があいてしまったかもしれませんね。

自由塾がのぞむ生徒像は自由塾七訓にもあるように、
“お父さんお母さんを大切に”
“礼儀ただしく”
“友達と仲良くできて”
“先生の話をよくきき”
“自分のことは自分で”
“時間を守り大切に使い”
“けじめをつけ、やるときにはやる”

そんな生徒です。そういう生徒を募集しているのではなく、そう育てたい、という事なのです。
もし、上記にあるようなお子様を育てたいと感じているのであれば是非一度保護者面談にお申し込みください。




私が言うのだから間違いない?
自由塾町屋教室
元塾生/ブラボー先生®



東京私塾協同組合30周年パーティー・春の集いと新ロゴお披露目
2018. 4. 23/町屋教室のブログ /

先日私は自由塾グループ塾長中島とともに、渋谷エクセル東急ホテルにて、東京私塾協同組合主催の春のつどいに参加してまいりました。ブラボー先生はこちらの組合の理事・東支部副支部長を拝命しております。

個人経営が多い中小の学習塾はとかく自己流・一匹狼的経営になりがち、と中島に勧められて自由塾町屋教室も加盟しました。(加盟は塾長制で、実は自由塾町屋教室、経営が本部・日暮里教室とは違うのです。)都立私立中学高校の情報力や入試対策勉強会・都立高校推薦対策授業など、大手をしのぐ規模と充実度。ひとつひとつの塾は大手フランチャイズ塾より規模小さいですが、どれをとっても引けを取らないと思っています。特に塾生の今後を考えている、という熱意や面倒見の良さは自負しております。(だから帰りが遅くなるのですが笑)。今年の【親と子の都立私立中学高校受験相談会】では、私は副実行委員長という見習いもさせて頂きます。これはまたお知らせいたしますね。


左から私、長原副理事長・佐々木理事・長原専務理事。いつも仲良くさせて頂いてます!

今年は30周年の節目でもあり、記念事業として東京私塾協同組合の新しいロゴのコンペ優勝作品の発表会もありました。

・・・で。実はお恥ずかしながらこのコンペ、わたくしブラボー先生の作品がまさかの優勝となったわけで(!)、すご〜く苦手な登壇してのあいさつをさせて頂きました。


見よ!ガチゴチに固まった赤面症のブラボー先生を!(笑)

作品がこちら。ドン!


こちらが私がパソコンソフトで作成した原案。組合の方でブラッシュアップしていただく予定です!

条件に【T/J/K】をいれなくてはならない(Tokyo shiJuku Kyoudoukumiai)、とあり、優勝者コメントとして、Teachers と Jyuku が、 Kodomo 達を“笑顔”にする団体、と大分こじつけ(笑)の挨拶。今後、東京私塾協同組合のロゴは私がデザインしたものがお目見えすることになります。

組合は30周年・自由塾グループは今年40周年!これからも頑張ってまいります!



自由塾創業者の父上はペ〇ングの
あの有名なロゴを作ったらしい??

自由塾町屋教室
ブラボー先生®


新任講師のご紹介
2018. 4. 16/町屋教室のブログ /

自由塾が町屋にきて、早4年。自由塾の中核を担っていた大学院講師達も就職の為卒業していきました。そしてそして今春からついに高校受験を町屋教室で経験した第一期生が大学生講師としてデビュー。アイルランドへ留学をしていた学生講師が帰還、とニュースに事欠かない自由塾町屋教室。こうして教え子が講師として戻ってきてもらえるのは本当にうれしいことです。いままで下の名前で呼んでいた子を○○先生!と呼ぶのはどこか気はずかしい気持ちもありますね。まだ慣れない・・・(笑)。今年度は早くから教務研修を積んだきたので、新人講師達も頼もしくなりました。

さて、自由塾町屋教室にも待望の専任講師が誕生しました。いままでは自由塾グループ各教室で教鞭をとっていた荒川先生がこの春より満を持して(笑)、いよいよ町屋教室の専任として活躍してもらいます!
荒川先生は小学校から自由塾に入塾した塾っ子で、区立の中学校から都立両国高校〜成城学園大学卒。町屋教室では都立中対策【理系・規則性】や、土曜講習中学部などを歴任してもらっていましたので、おなじみの生徒もいますね。彼は実は教務主任吉澤先生の教え子なので、職員会議後の打ち上げで彼女が彼を下の名前で呼ぶこともありますね(笑)。
指導教科に穴はなし!全教科指導可能で、自身も都立難関高校受験を経験していますし、講師として私立中受験の指導歴も長いので本当に心強い!頼りになります!

今後自由塾町屋教室はさらにパワーアップ!新時間割りに慣れてきたら、いよいよ自習室改革にも着手します。まあそんな大げさではないですけど。わたし一人でできなかった経営戦略・IT戦略など、色々と学習しながらみんなで成長していけたらなと思います。


今後は、
教務主任吉澤・中学受験責任者
教務主任荒川・高校受験責任者

と、これまた信頼のおけるバラエティに富んだ学生講師達、オールチームで塾生皆の“いきいきと学ぶ”、そのお手伝いをしていきたいと思います!

ではここで新任の荒川よりご挨拶があります(ムチャ振り)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

この四月から町屋教室専任講師となりました荒川です。

僕と自由塾の関係は小学校5年生からと、とても長いものになります。当時ろくに勉強しなかった僕は、複雑な立体の体積の計算ができず問題に出ている数字をすべて掛け算してとんでもない数字を出していたのを今でも覚えています。自由塾で勉強することが楽しくて通い続け、生徒としては両国高校受験までお世話になりました。教務主任の吉澤先生には、国語英語と当時大変お世話になりました。吉澤先生は当時入谷校では裏塾長として恐れられていました。(笑)

講師としても長く、先日小学生の頃から見ていた生徒が大学生になり自由塾で働きだしたり、この四月から就職して社会人になったと知らせを聞いたりと、うれしいのと同時に自分の年を感じてしまいました。(笑)

まだ町屋校では不慣れな事も多いと思いますが、一生懸命頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




とのこと。これからはこの二人が中心となり他の講師達を盛り立て、お子様の伴走を続けてまいります!
これからの自由塾町屋教室にどうぞご期待ください!



ジャーマネが欲しい
自由塾町屋教室
ブラボー先生®
ポイント還元
2018. 4. 9/町屋教室のブログ /


自由塾町屋教室に登校するとすぐ、私の机の前にカードリーダーがあります。塾生はここで塾生証をかざす決まりになっています。カードをかざすと入退の時刻が保護者の元に行きます。町屋教室開講当初から実装しているこのサービスも、今ではどの学習塾でも当たり前になっていますね。小学生は安全のため、中高生は遅刻・さぼりチェックのために入塾退塾の際には塾生証をかざすよう指導しています。特に小学生は居残り自習組が多いので、ご家庭にまだいるよ!とか、もうかえるよ!のサインが携帯電話・パソコンに届くのでとても安心ですね。

電車やバスと違い、塾生証をかざさなくても入れてしまうので(笑)、きちんと『ピンポン』おせた生徒には登下校1回につき1ポイント差し上げています。たまったポイント交換特典は文房具やジュースなどです。

文房具は倉庫に入っているものから大体私がその時の気分でポイント数を決めてお渡ししています(なんて大雑把笑)。この日は生徒が50p還元してセロハンテープを持っていきました。



おしゃれなセロハンテープホールダーゲット!毎日自習もがんばってますね!ブラボー!

ポイントは入塾の際に送られてくるメールに添付されています。また、毎月奨励者には10ポイント贈呈しております。ささやかなご褒美用に、といつも何かを用意ありますから、どしどしポイント交換してくださいね。

ポイント交換は、休み時間にお声がけください!




自由塾町屋教室
ブラボー先生®
大学入試と民間英語試験について
2018. 4. 2/町屋教室のブログ /
2020年大学入試改革。

センター後継、英検「従来型」は不合格 「新型」は認定


朝日新聞によると、2020年移行大学入試センターが採択する英語の民間テストで、従来型の『英検』が採択されない、という審査結果が公表されました(新型英検は認定)。

いまもっとも身近な英語検定であった『英検』が採択されなかったのには理由があり、それは、『1日で四技能(Reading Writing Listening Speaking)受検』がクリアできなかったから。現在、英検3級以上はSpeaking試験のみ2次試験です。これが引っかかったそうです。

共通テストの英語民間試験7種認定:公平性など課題多く


日経新聞によると今回認められた民間試験は7種類で、

〇「ケンブリッジ英語検定」(ケンブリッジ大学英語検定機構)
〇「英検」(日本英語検定協会)
      ※Speakingテストまで一日で受検する新型英検

〇「GTEC」ベネッセコーポレーション)
〇「IELTS」(ブリティッシュ・カウンシルなど)
〇「TEAP」(日本英語検定協会)
〇「TOEFL」(米ETS)
〇「TOEIC」(国際ビジネスコミュニケーション協会)


となります。私はこのうちTEAPとTOEFLの問題を見たことがありますが、(TEAPは英検の日本英語検定協会と上智大学の共同開発。TOEFLは留学を考えている英語圏以外の国から英・米へ留学する際に必要な英語検定。)なかなか難易度が高いですね。特別な勉強・対策も必要かと思います。いずれにせよ、これまでのような『暗記⇒再生』型の入試勉強から変わってくることは明らかです。
でもまだしばらくは高校入試に加点として中学生に必要なのは従来型の英検でしょう。高校によっては3級ではなく、準2級が加点案件になっています。今後、この流れになるかもしれません。実際、対策さえすれば(特に単語と熟語)準2級までは自由塾のクラスを取れば中学生でも十分クリアできます。実際毎年英語に興味を持っている生徒はきっちり準2級を取ってきますね。素晴らしい。ブラボー!

また、大学入試で必要なこれらの試験は、【高校3年生のうちに】という規定が出来るはずですから、今まで通り小学生〜中学生までは、一番身近な従来型英検で差支えないかと思います。いずれにせよこれからドンドン明らかになってくる英語改革。自由塾はしっかりサポートしてまいります!4月からお待たせしている小学英語・中学英語プラス4技能クラスの体験生を募集再開いたしますので、お問い合わせください!




夏には英語新プロジェクトが
始動します!乞うご期待!
自由塾町屋教室
ブラボー先生®
”寺子屋式アクティブラーニング”とは
2018. 3. 26/町屋教室のブログ /

私。あんまり教え込みません。生徒が自分自身で調べてきたことの方が、先生からただ聞き出すよりもずっとずっと自分の為になる、と信じているから。

・・・先日エネルギーの話題(私の担当している都立中高一貫校対策クラスは社会・グラフの読み取りです)で、どれだけの原子力発電所が日本にあるのか?と聞かれたので、まんま宿題にだしました。

次の週、宿題をどうやってきたかをプレゼンしてもらいました。わたし?わたしも生徒と一緒に座り込んで、基本口を挟まず、彼等と一緒に質問するような発言に終始します。生徒から質問が出て、答えに窮しても、他の生徒が助け舟をだす。つまり、生徒達で答えを、授業を作り上げるのです。私もその授業の一部となります。こうして、能動的に自分の考えを他者につたえ、自分の考えを表現することでアウトプット、また他者と意見を交わすことで深い理解を得ることのできる寺子屋式アクティブラーニングの授業が幾度となく展開されるのです。そして、そのタイミングはいつも唐突(笑)。


生徒に日本地図を書け、なんて言ってません。これも自らのアイディア。私がかいたのはその隣にある落書きだけ(笑)

?ちょっとその発電所の名前、ちがうんじゃね?
?図書館で調べたけど、読み方がわからなかった!?
?グーグル先生できいたら一発だよ!←その情報古いよ!もう再稼働になるよ!

などなど・・・・。都立中対策や私立中対策の子供は意識が高いので宿題をやってこない、という子はあまりいません。小学生の子供にも、大人である我々講師との約束を守るよう、日々指導しています。教務日誌を読んでいると、どちらかというと高校受験のエンジンがかかる前の丁度中2あたりの生徒のほうが宿題提出率が・・・?フム、一度カミナリ落とさないといけませんね。


彼女は小5後半からこのクラスに参加でまだ日が浅いですが、頑張ってプレゼンできました。ブラボー!

新5年生はやはり熱気におされていましたが、徐々に発言もでてきたかなと思います。プレゼンしてくれた生徒の中には一人果敢にホワイトボードに向かった新小5女子生徒もいましたね。素晴らしい。グイグイと引っ張る新6年生のなかにも、まだ塾生になって日の浅い生徒がプレゼン。成長しましたね。これからどんどんたくましくなっていきます。

これから国勢調査についてのプロジェクト(壁新聞)の発表もあり、それから徐々に算数飛び級学習を経て、本格的に適性検査の対策に入っていきます。受かる力というよりは考える力を養い、切磋琢磨するスタイルが得意の自由塾集団授業。どの子も脱落することなく、いきいきと学んでほしいですね!



国勢調査。なんと読む?
自由塾町屋教室
ブラボー先生®


お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.