ブログ
【文章読解が苦手な子】未就学児~中学・高校受験まで、自由塾の答え
2018. 2. 26/町屋教室のブログ /

【文章読解が苦手な子】

さてさて本日は、教務主任・吉澤が文章読解についてお話致します。講師歴十年以上ですが、いつの時代でも「うちの子、文章問題が苦手なんです」という相談が絶えません。更に「読書は好きなのに国語が出来ません」という生徒も少なくないのです。本が好きだと国語を得意とするイメージですよね?しかし読解問題になると途端に出来なくなる……


なぜでしょうか?

実は読書と文章問題は違うのです。どうしてなのか、私の経験による見地から少しずつ、御伝えしていきますね。

読解が出来ないタイプにも実は色々あります。そしてその中の一つは、きちんと読んでいない、いわゆる「虫食い読み」をしちゃう子です。一番多いのはこのタイプかと思います。こういう子はとにかく丁寧に目で追う習慣を身に着けないとなりません。ことばの意味を確認しながら、しっかりと読むことです。語彙力が少ないから、意味がわからなくて虫食いになってしまうことも考えられます。ですからそこも語彙力増を目指していかないとです。

さて、問題はそれが出来ているのに文章読解が出来ない子ですね。

子供は生まれた時から、自分を中心に物事を把握していきます。自分から見て一番近い存在が、親、兄弟、家族と言った風に。生きてきた世界も経験も少ないので、世界の中心や基準が「自分」であります。つまり、全ての物事を自分からの距離や自分から見た「主観」で把握していく訳です。そしてその世界を広げる延長として読書があります。読書は自分の世界観で読めるので、理解も「主観」で構わないのです。

ところが読解問題は、その真逆である「客観」が要求されます。つまり「みんながそう考えるよね、それが答えだよね」という大多数の大人の感覚が要求されていきます。今まで自分の感覚で把握してきたのに、自分とは異なる他人の感覚がいきなり要求されてくるのです。だから戸惑ってしまうし、記号も合わない(正解しない)のです。

そこで、考え方やとらえかたを「主観から客観に移行する」作業が必要となってきます。これは視点を変えていく作業なので、時間がかかります。

「1回授業を聞いたからわかる」という訳ではもちろんありません。数をこなさなければなりませんし、手ほどきが必要な作業なのです。だから「子供時代、国語のテストは苦手でした」という作家さんが多いのも頷けます。作品は独創的でないとなりませんから。国語の模試の偏差値が安定しない子は、文章内容によって主観が出てしまっている訳ですからこのタイプと言えます。

では、どうするべきか。

こちらは長くなりますので、そのうちまたお話の続きを致しますね。本日はこの辺で‼ (^-^)/



自由塾町屋教室

教務主任吉澤








自由塾町屋教室満足度調査結果公表②ご要望編
2018. 2. 17/町屋教室のブログ /

前回に引き続き、今回も自由塾をご紹介するために塾生保護者にご協力いただいた自由塾町屋教室満足度調査の結果発表。今回は改善要望を募った、怒涛の後半戦。こちらも全編ノーカット、良い所だけでなく、改善要望もぜ〜んぶだします。では、どうぞ汗。








・・・いかがでしたか?改善要望に“特になし”が続けばよかったのですが(笑)。塾生全員に満足な学習環境を作るべくこれからも頑張ってまいります。実は今、自身に『週1本ブログ・週1本メルマガ配信・月100本保護者と新規メール』を課しています。その日その日の教務日誌から気になった生徒をできるだけランダムに親御さんにメールで連絡。それは、講師が教務日誌内で褒めていた事だったり、何か元気が無かったり、大きな声で挨拶ができるようになったり、まあそういった塾での様子です。でも、アンケートを見る限り、まだまだ足りないみたいですね、これは課題としてなにができるか考えてまいります。

去年に大幅な教室内ネットワークの改善を図り、教務日誌や代講連絡等は全てオンラインでできるように構築しました。結果、私達はどこにいても生徒の授業進捗や態度・宿題提出有無や出来などが把握できるようになりました。これから社員を抱えるとはいえ、まだまだ学生講師のいる自由塾。代講の先生ももちろん研修を経てきたわけですが、やはり事前情報があったほうがやりやすいですね。我々は生徒との距離と・生徒の自主性を大切にしているのでどんな生徒か、が重要です。代講が決まってから講師も、自宅にいながら対象生徒の情報・所感をさかのぼり引き出せるデータベースは便利です。対して、そうした子供達の情報は1年に3回ほど保護者面談でご紹介していますが、保護者には月に1度くらいレポートをださないといけないのかなと考えました。改善案考えますのでもう少しお時間ください。

季節講習の申込書がわかりづらい。はい、今度の春講習申込書にご期待ください(笑)! 教室が狭い・椅子がうるさい。もうちょっと頑張って改善できるようにせねば!



イートインコーナー・・・。はい、がんばります(笑)



赤面症なのでTVは無理。
自由塾町屋教室
ブラボー先生®






自由塾町屋教室満足度調査結果公表
2018. 2. 12/町屋教室のブログ /

学習塾は3月を新年度と位置付けているところが多いと思います。2月に中学・高校・大学と受験が決まりますから。自由塾も現在、3月から始まる新年度塾生を募集しております。塾の講師が一年で一番忙しい受験の時期に同時進行で新年度の事も考えなくてはならないのですから、この時期は頭がパンパンです。

さて。何もしらない保護者にどのようにして自塾のアピールをすればよいか。我々は大手塾の様に潤沢な広告資金を持たない中小塾です。常日頃子供達に教えている通り、我々も問題を前にしたらまず考えて、策をねります。

・・・。

!そうだ!

と、いうわけで、塾に実際に入会していただいた元・塾探しの保護者(つまり現・塾生の保護者)に、色々と聞いてみることにしました。現在140強の塾生、およそ90家族(現役最多兄弟は4兄弟です!)が通う自由塾町屋教室。今回、保護者の皆さんにインターネットでのアンケートに協力していただきました。回答数68/90・75%の回答率。全てご覧にいただきます!


有効回答をしていただいた保護者の数になりますので、塾生実数ではありません。以下、塾の評価部分をされた保護者の分布とお考えください。

自由塾を知るのはやはりクチコミが圧倒的に多いみたいですね。ホームページとチラシが同数に。これは頑張ってブログを上げているのが少しずつ認知されて来たのかなと、良い風に解釈します(笑)
交番がすぐ近くにあるという立地条件を上げていただいた保護者もチラホラ。塾には登下校の際のお知らせメールを実装しておりますが、やはり下校時は心配ですからね。都電荒川線線路沿いにある自由塾は、見通しもよく、夜間も明るいです。



決め手は色々ありますが、全ての塾生に共通していることは、【塾の雰囲気・教育方針】ですね。かならず体験前保護者面談・体験授業のプロセスを経てから入塾を検討してもらうようにしています。大体一ヶ月ほど自由塾で内部生と一緒に体験してもらいますが、扱いは塾生のそれと同じ。宿題も毎回でます。



実に半数以上の保護者が気になるのは都立高校情報という結果に。自由塾受験生内訳は中学受験・高校受験共におよそ8:2で都立です。ですが中学進学は都立私立真っ二つにわかれました、これは意外。年に3回ほど行う保護者相談会では都立中高一貫校対策の保護者にも都立型のテストを採用している私立中学校の情報などもお伝えしています。実際に思考型受験をしている私立中学に面談して志望校を都立中高一貫校から私立に変えた生徒もいます。受験情報・特にデータ関連は東京私塾協同組合に加盟している自由塾が地域最速目指して保護者と共有しています!またここ何年かは中学校高校の先生や校長先生をお招きしての保護者入試説明会も開催。今年は3月に都立中高一貫校・私立中高一貫校から各一校づつお招きする予定です!

さてココからは、塾生の保護者に聞いた、自由塾町屋教室の良い所編です。全編ノーカットでお送りします!必須質問ですので長いですが、どうぞ!










いかがでしたでしょうか?塾生のご家庭は自由塾の教育方針などに共感しているいわば“ファン”ですから、良い所をあげていただくとこ〜んなに魅力的な塾の紹介になりますね(笑)! で、実はアンケートはその先もあって、次回はその禁断の質問の回答をご紹介します。




後編へ、つづく。
自由塾町屋教室
ブラボー先生®



『ロボット×プログラミング×パズル教室 』 自ら考える子どもを育てる新コース 体験会
2018. 2. 8/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /


ロボット×プログラミング×パズル教室『自考力キッズ』(年長〜新小3)

これまでになかった「考える子どもを育てる」

特別カリキュラムがついにスタートします。(4月開講予定)


詳しくはこちらhttp://jiyujyuku.com/jikouryoku

〈親子体験会〉

2/17(土)PM4:30〜6:00 自由塾日暮里教室

3 / 1(木)PM4:30〜6:00 自由塾日暮里教室 

3/ 17(土)PM4:30〜6:00 自由塾日暮里教室

※参加費500円(立体パズルブロックを進呈)

※体験会参加ご希望はお電話で!03―3806―3610


町屋教室のコース案内を一部加筆・リニューアルしました!
2018. 2. 5/町屋教室のブログ /

自由塾のホームページから町屋教室のページに入ると、町屋教室のスケジュールと、最新のブログなどが確認できます。じつはこのページの下の方に、町屋教室各コースの紹介もしています。入塾されるとメルマガ配信でHPからのスケジュールチェックを促されますが、コースについては塾に入る際に見たッきりという方が大半でしょう。

 

2月より内部生向けに進級進学に伴う1ヶ月体験授業を行います。塾業界は通常、3月を新年度として先取り授業をはじめますから、スタートダッシュを切る前に、『そもそも気になってたこの授業って実際どうなの?この子がどう変わるの?』という疑問にお答えするべくコースの紹介をしています。その際、各コース隣にブログのアーカイブをリンクしていますので、実際のコースの様子ですとか、コース開講に至った狙い・指導方針などをご覧になれるようにしています。

 

受験が終わった生徒はコースを変えなくてはなりませんし、また、新小4・新中3年は受験勉強に伴い体験してみたいコース、そしてこれから塾生になる方にもわかりやすいよう、コース毎に紹介ブログを書き足しましたので、どうぞご参考にしてください。

 

 

各コース紹介ブログはこちらからどうぞ(リンク先へジャンプします)

【ことばの学校】

【小学英語】

【ラビットコース】

【思考表現コース】

【チュートリアル(小学部・中学部)】

【都立中高一貫校対策】

【私立中学受験対策】

【自由塾名物・定期試験対策週間】

【英語プラス・4技能コース】

【理社プラス・映像授業コース】

【私立都立高校“難関突破”コース】

 

体験授業はお電話 5855-1019(じゆうじゅく)

またはメールmachiya@jiyujyuku.comで承ります。

 

・・・

自由塾町屋教室での体験期間はおよそ1ヶ月〜、納得いくまで。ですが、 『ここでならできる。』が口からでるまで入塾はお断りです。


いきいきと学ぼう!

自由塾町屋教室

ブラボー先生®



1
お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.