ブログ
定期テストの勉強のツボとコツ
2019. 10. 30/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
室長の河野(かわの)です。
今回のテーマは、11月中旬に、多くの区立中学校で期末テストが実施される「定期テストの勉強」についてです。 
とくに、高校受験を控える中学校3年生にとっては、重要なテストです。
誰もが「良い点を取りたい」と思い、試験に臨むでしょう。
塾の講師をしていて、いろいろな情報を聞いたり、教えていて感じることは、定期テストのツボを知っている人は多くいますが、コツを知っている人は意外と少ないということです。
ここに書く内容はほんの一部ですが、2学期の中間テストで良い結果を出した生徒は実践できていました。
誤解を恐れず申し上げれば、多くの生徒が将来その道の学者や先生になるわけではありませんので、定期テストは「いかに要領よく学習し、得点できるか」が大切なのです。

●「前回の定期テストの得点を把握し、分析する」
授業をしていて、前回の得点とその分析(反省)をしていない生徒がいます。
突き詰めれば、テストの問題と解答用紙を塾に持って来ない生徒もいます。
私は「授業中に、スマホを使っていいから、親にLINEを送ってもらいなさい」と指示します。
前回の得点や分析をせずに、スタートラインという現在地は設定できませんし、目標も設定できません。

●「テスト1週間前」
「テスト1週間前なので部活動は休止期間です」
「テスト1週間前だからテスト勉強を始めなきゃ」
など、このフレーズをよく耳にします。
テスト1週間前は、定期テストに向けての最終調整期間であり、テスト勉強を始めるスタート時期ではありません。
日頃からコツコツ勉強していく中で、集中して苦手な単元を弱点補強する期間です。
試験1週間前に、勉強を始めて良い点数が取れるわけがありません。
スポーツに例えるなら、試合の1週間前に、まして夜中まで筋トレ、持久力トレなどを集中して強化しても効果的ではありません。
日々コツコツ取り組むから効果的なのです。

●「テスト勉強の計画」
結論から申し上げれば、この計画に時間をかけることはムダです。
テストの日は決まっています。
提出物の提出日も決まっています。
その日から逆算して、日々取り組めばよいのです。
では、何を勉強したらよいのか。
提出物を含め、学校で学習した内容の復習です。
3分考えてもわからない問題は、その箇所に付箋を貼って、塾に持って来て質問しましょう。
それが、上手な時間と塾の活用方法です。

●「定期テスト=学校で学習したこと」
テスト勉強で、ノートまとめ、単語まとめをする生徒がいますが、私はやめるように伝えています。
今までの経験から、ノート美人に成績はの良い人がいないからです。
まとめることに満足して、肝心な問題練習の時間と量が不足するからです。
「問題を解く」ということが最も大切なことです。
また、塾の教材はメインの教材ではありません。
テスト前に、やたらと塾のプリントを欲しがる生徒がいますが、テストに出題されるのは学校で学習したことが前提です。
その内容が不十分にもかかわらず、あれもこれもと解き散らかすことは得策ではありません。
塾の教材はあくまでもサブ教材で、基本の定着や苦手分野の強化のための類題、最近頻出の思考表現を問う応用問題対策としての応用力を養成するのに得策なのです。

●「付箋を活用して可視化する」
学校の問題集やプリントを取り組んでいると、わからない問題が出てきます。
私は「3分考えてわからなければ、解説・解答を見て理解しなさい。単語や漢字もわからなければ、解答を見て覚えなさい。その部分は印をつけ、そのページに付箋を貼ってテスト前に再度確認すること。解答を見ても、理解できない問題は別の色の付箋を貼って塾に持って来て。」と伝えています。
付箋を活用することで時間短縮もでき、家庭学習でするべきことと、塾で学習することが明確となります。
付箋は理解できた時点で剥がせばよく、テスト前に付箋の数が少なくなればなるほど、テストの準備が整ってきた証にもなります。

●「最低でも25点UPをしよう」
人間ですから毎回100点満点を取ることは難しく、1科目90点以上取れればEXCELLENTと言えます。
主要5科目合計で425点以下の場合、最低必達目標は、前回よりも25点以上UPさせることです。
1問あたりの配点を5点とすれば、5点×5科目=25点です。
得点できなかった部分を振り返ったとき、「問題をよく読まなかった」「ケアレスミス」「見直しをしていれば・・・」といった学力とは別に、注意力を強く意識するだけですぐに改善できる部分も多々あり、それだけで25点以上UPさせることが可能なのです。

ここまで読んで、「当たり前のことじゃないか」と思われ部分も多々あるかと思います。
しかし、「思う」「感じる」は誰でもできますが、それを日々「実行する」ことは案外できるようで、できないものです。
塾に通っていると、通っている魔法にかかり、塾に行っただけで勉強した気になる生徒もいます。
自由塾には魔法はありません。
耳障りのよい広告もありません。
大事なことは、生徒の様子を把握し、学習のベストプラクティスを提供することです。

「今日からコツコツと期末テストの勉強を始めましょう」
「理解できない内容、不安な内容を塾で学習しましょう」
夏期講習初日 熱く始まりました!
2019. 7. 23/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
本日より夏期講習Ⅰ期目がスタート。
Ⅰ期は受験生が中心ですが、例年以上に熱っぽく机に向かっています。


「本気の夏!」「充実の夏!」を全力サポートするべく、講師達もミーティングと準備を重ね、今日を迎えました。
最高の夏期となるよう、最終日まで突っ走ります‼


自由塾入谷教室、日暮里教室の夏期講習はⅣ期まで。
Ⅱ期(7/29〜8/2)から
Ⅲ期(8/19〜23)からの受講も可能です。

まだ、空席のあるクラスも一部ございますので、ご相談ください。

 「いきいきと学ぼう!」
  自由塾入谷教室・日暮里教室
  代表 中島正浩
夏期特別企画②「英語でプレゼンに挑戦!夏休みの自由課題にも」
2019. 7. 10/日暮里教室のブログ /
もうすぐ夏休みです。
1学期の総まとめとして、日暮里教室の「英語4技能クラス」では、英語でのプレゼンテーションを行なっています。今週は、"Cool Japan"というテーマで、日本に関して誇りに思うことを発表しました。皆さん、少し緊張していましたが、立派に話すことができました。Good job!
来週は、各自で作成したパワーポイントも使いながら、"My Hero"についてプレゼンします。パワーポイントの準備にも、背景を変えたりと工夫をしながら、楽しく取り組めました。生徒さんたちがいきいきと参加してくれて嬉しいです。「英語は目的ではなくて手段です。英語で何をするのか、何を伝えるのかを大事にしてね。」と、生徒さんたちに繰り返し伝えています。文法問題を解いたり、英単語を覚えたり、、、それだけが「英語」だと思わないでもらいたいです。(もちろん、それもある程度は必要ですが。)
英語は、使ってみると楽しいものです。自由塾の英語4技能クラスは、そんな風に思える場でありたいと考えています。
夏期講習では「英語で夏休みの自由課題にチャレンジしよう!」
日暮里教室
7/23(火)〜26(金) PM3:30〜4:40
8/   5(月)〜  8(木) AM11:10〜12:30
対象:小4〜小6
指導内容:英語を使ってレポートを作成し、プレゼンテーションを行います。
 自由課題として完成させたい方は、5日以上出席してください。
受講費:初めて当塾で英語を受講する場合…3日までは体験受講できます。
 4日目から1日につき2,000円(税別)

夏期講習の資料請求、プレ講習のお申込、詳しい説明を聞きたい!
          ↓
        Click
      夏期講習の詳細は
          ↓
        Click

  小学生英語担当:中島涼子

第7回ニュース作文コンクール
2019. 7. 3/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
日暮里教室の河野です。

今年も、このイベントがやってまいりました。

自由塾では第2回から毎年応募しております。
僭越ながら、日暮里教室では、4年連続優秀賞受賞をはじめ、
佳作も合わせて毎年3、4名の受賞者を輩出しております。
この裏打ちされた実績から、自由塾は作文に強い塾と言っても
よいのではないかと、そう自負しています。

矛盾する言い方ですが、この実績はあくまでも結果論で、
私は一担当者として、受賞以上に受講生が真剣に新聞記事を読み、
何度も何度も作文を書き直して、上達していく姿が一番うれしく、
遣り甲斐を感じております。

中高一貫校を目指す小学生、都立高校の推薦入試を目指す中学生は、
受験前の腕試しともいえる一大イベントです。

真剣に新聞記事を読み、問題の本質捉え、考え抜いて、作文を書く。
シンプルですが、それが作文を上達させるには最善の方法です。

この夏、作文を上達させたいという方は、ぜひチャレンジしましょう!
夏期講習中に、何回かニュース作文の授業を行います。
その日は、前もってブログでもお伝えしますので、ブログの更新をチェックしてください!
夏期講習特別企画①「読書感想文 書き方講座」
2019. 7. 2/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
毎年、夏休みに苦労するのが読書感想文。
親子で8月後半にあたふたしながら、仕上げていませんか?

今年こそ早目に仕上げたい。子供だけで完成してほしい…
自由塾にお任せください!
当塾では夏期の特別講座として、4日間で読書感想文の書き方のコツから完成まで指導します。
文章のプロの特別講師(?)をお招きしてのスペシャル講座です。文章の書き方のトレーニングにもなりますよ。

この講座、早くも満席になりそうな勢いで、受講のお申し込みが来ています。
お早目にどうぞ!

日暮里教室
8/5(月)〜8(木) AM11:10〜12:30
対象:小3〜小6
受講費:4回セット 8,000円(税別)

夏期講習の資料請求、プレ講習のお申込、詳しい説明を聞きたい!
          ↓
        Click
      夏期講習の詳細は
          ↓
        Click
 
定期テスト勉強法 英語編
2019. 6. 21/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
一学期は本当に学校行事が多く、あっという間に期末試験一週間前になってしまいました。

今日は英語の勉強法について簡単に話したいと思います。

英語は単元ごとに学んだ文法も大切で、生徒たちも文法を理解しようと頑張ってくれます。
しかし、定期試験で点を取るためには文法ばかりやっていてもダメなのです。

定期テストはテストを作る先生によっても内容はまちまちですが、必ず教科書の本文が登場します。
そこには、もちろん文法もありますが、【重要表現】といったものが存在します。
この重要表現を疎かにしていると思ったより点が取れなかったりするのです。

ですので、定期テスト前になると必ず授業では教科書内容の確認をしています。
ワークが終わって家で何をすれば良いのかわからなかったら、教科書の本文を訳せるのか、単語や重要表現は書けるのか確認してみましょう。
文法以外にも教科書内容の把握をすることがとても大切です。


 副塾長高松
夏期講習の外部生募集始めました!
2019. 6. 20/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
夏期講習の詳細はclick

夏期講習の資料請求  →click
夏期入門講座希望(7/12までのお申込で無料)click
夏期の説明を詳しく聞きたい方 →click
勉強に魔法のランプはありません
2019. 6. 17/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /

私には4歳の娘がいます。

先日、娘のリクエストで、不朽の名作「アラジン」実写版を観に行きました。

とても素晴らしい映画でした。


さて、現実の世界の話をしましょう。

区立中学は、今月末に期末テストがあります。

毎回、同じ話になりますが、定期テストでよい得点を取るには、

いくつか方法がありますが、今日は、そのうちの1つ数学編をお伝えします。


とにかく、途中の計算式を疎かにしないことです。

得点できない生徒の共通点として、途中の計算式を疎かにしていることが挙げられます。←【ポイント】

頭の中で計算するのではなく、ノートに書いて、見える化しましょう。←【ポイント】

そして、解説してもらった内容を、もう一度、自分の力で解き直しましょう。←【ポイント】

私は、教え方よりも自立学習を確立してもらうことに注力しています。


残念ながら、現実の世界に魔法のランプはありません。

もちろん、ジーニーもいません。

コツコツと基本を忠実に、途中式を書いて1つ1つ理解を積み重ねていきましょう。

それが、得点アップ、成績アップの秘訣です。

自由塾 室長 河野 元徳

---

お問い合わせは↓こちら↓

https://jiyujyuku.com


中3の生徒、保護者の皆様へ 1学期の期末テストも大事です!
2019. 6. 14/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
中3の生徒の皆さん、保護者の皆様へ
「夏休みから、あるいは2学期になったらがんばる」と思っいませんか?

1学期の成績は受験に関係ない?
そんなことはありません。
私立高校では、1学期の成績を参考にするところが少なくありません。
そして何より、区立の中学では、1学期の成績をもとに受験する高校の振分けが始まるのです。

もちろん、2学期に大挽回、大逆転というケースもまれにあります。
でもでも、そうするには半端ではない努力が要されるのです。

まずは、1学期の成績。
1学期の期末から高校受験は始まっているという覚悟を持って、この期末テストに臨むことが大切です。

塾では、中3の生徒たちに直接そういったことを伝えています。
少しずつ目の色が変わってきた生徒が出てきました。
「さあ、ここが出発点です!」

 「いきいきと学ぼう!」
  自由塾塾長 中島正浩

受験生が一番最初にするべきこと
2019. 6. 10/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /

私は「定期テストの勉強の仕方」「受験勉強の仕方」に関する相談をよく受けます。

生徒曰く、学校の進路指導、他塾や予備校のアドバイスどおりに取り組んでも、

思うように勉強が進まないようです。

そのアドバイス自体に間違えはないのですが、私は「取り組む順番が間違っているよ」

とアドバイスしています。


受験生になったら、一番最初にするべきことがあります。

自由塾は、私は、最初にそのことを伝えます。

受験生が最初にすべきこと、それは毎週月曜日に日暮里教室でお伝えします。

自由塾の生徒も、他塾の生徒も、ご関心がある方は是非いらしてください。

無料で相談をお受けいたします。


自由塾 室長 河野 元徳

---

お問い合わせは↓こちら↓

https://jiyujyuku.com


お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.