ブログ
勉強に魔法のランプはありません
2019. 6. 17/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /

私には4歳の娘がいます。

先日、娘のリクエストで、不朽の名作「アラジン」実写版を観に行きました。

とても素晴らしい映画でした。


さて、現実の世界の話をしましょう。

区立中学は、今月末に期末テストがあります。

毎回、同じ話になりますが、定期テストでよい得点を取るには、

いくつか方法がありますが、今日は、そのうちの1つ数学編をお伝えします。


とにかく、途中の計算式を疎かにしないことです。

得点できない生徒の共通点として、途中の計算式を疎かにしていることが挙げられます。←【ポイント】

頭の中で計算するのではなく、ノートに書いて、見える化しましょう。←【ポイント】

そして、解説してもらった内容を、もう一度、自分の力で解き直しましょう。←【ポイント】

私は、教え方よりも自立学習を確立してもらうことに注力しています。


残念ながら、現実の世界に魔法のランプはありません。

もちろん、ジーニーもいません。

コツコツと基本を忠実に、途中式を書いて1つ1つ理解を積み重ねていきましょう。

それが、得点アップ、成績アップの秘訣です。

自由塾 室長 河野 元徳

---

お問い合わせは↓こちら↓

https://jiyujyuku.com


自習がやまない
2019. 6. 17/【ブラボー先生®教育コラム】 /
━━━━━━━
自習がやまない
━━━━━━━

自由塾町屋教室は、土曜日は2時から7時半頃まで自習室を開放しています。自習室には荒川教務主任のデスクもあり、いつでも質問などできるようにしています。
これはある日の自習室の風景です。


ぎゅうぎゅうですね笑
土曜の授業のある生徒より多いかもしれません笑
僕と吉元が思わず偉いなあなんて呟くぐらい、皆よく頑張っています。

受験が終わると、受験生たちが連日自習に来ていたのが落ち着いていたのですが、ここに来てまた増えてきました。
対策週間で受講する子が早くに来て学校の課題をやったり、塾での復習をやりにきたりしています。スマホは預ける(かいくぐった子も見つかれば没収)ようにしているので、強制的に自分を勉強の環境に置くことができるみたいです。

学校も学年も違う生徒が入れ代わり立ち代わりで、常に埋まっているような状態です。
やっている内容は各自、学校の宿題・塾の宿題・自習用のテキストなどなど様々ですが、大切なことは、自分で何をやるか決めて用意してきている、という事です。


自由塾として自習室に関して来るよう指示するということは、相談を受けたり、入試を控えた子供を除いて基本的にはありません。開けているから来てもいいよというだけです。

「親に言われたから来た。何やればいいですか?」
こんなこと言う生徒は下手したら追い返します。一人もいませんけどね。
定期試験前のテスト対策ではチラホラ見られ、ヨシモトの雷をうけることも笑

「〜の分野の〜が苦手だから練習したいんだけど、良いのないですか?」
「〜がよくわかってないから、わかりやすい解説ないですか?」
こんな風に聞いてくる生徒には、うざいくらいアドバイスします笑

やるのは先生ではなく自分。勉強は、与えられるタスクー仕事ではなく自分の目的の為の手段。
塾では何度も繰り返していますが、このことをきちんと理解できている子たちは伸びていきます。
やれば、みんな伸びます。そう到達するまでに各個人差があるだけで。私達はきちんと誘導できるよう、日々汗をかいています。

つい先日体験授業を開始した体験生。保護者の許可を得て、体験中なんですけど(笑)、ちょっと御紹介しますね。

体験二日目にして、この打ち解けよう!どの子が体験生か、これではわかりませんね(笑)

上の写真は、体験生徒と内部生徒達が、授業の後に中食をとっている一コマ。授業は17:00〜18:40でしたけど、結局この後中学最終コマが終わる21:40近くまで、その日に習った復習と宿題に頑張っていました。帰属意識のものすんごく高い自由塾生は(笑)、すぐに友達を作ることができます。また、多くの塾生が自習室にかよう習慣ができていて、いいエナジーが教室内を漂っていますので、皆感化されていくようです。これは久保木講師が学生時代の5年前から私達がせっせと撒いてきた種がようやく芽をだしたんだろうなあ、とうれしく思っています。




さあ、今日もいきいきと学ぼう!
自由塾町屋教室



中3の生徒、保護者の皆様へ 1学期の期末テストも大事です!
2019. 6. 14/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
中3の生徒の皆さん、保護者の皆様へ
「夏休みから、あるいは2学期になったらがんばる」と思っいませんか?

1学期の成績は受験に関係ない?
そんなことはありません。
私立高校では、1学期の成績を参考にするところが少なくありません。
そして何より、区立の中学では、1学期の成績をもとに受験する高校の振分けが始まるのです。

もちろん、2学期に大挽回、大逆転というケースもまれにあります。
でもでも、そうするには半端ではない努力が要されるのです。

まずは、1学期の成績。
1学期の期末から高校受験は始まっているという覚悟を持って、この期末テストに臨むことが大切です。

塾では、中3の生徒たちに直接そういったことを伝えています。
少しずつ目の色が変わってきた生徒が出てきました。
「さあ、ここが出発点です!」

 「いきいきと学ぼう!」
  自由塾塾長 中島正浩

受験生が一番最初にするべきこと
2019. 6. 10/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /

私は「定期テストの勉強の仕方」「受験勉強の仕方」に関する相談をよく受けます。

生徒曰く、学校の進路指導、他塾や予備校のアドバイスどおりに取り組んでも、

思うように勉強が進まないようです。

そのアドバイス自体に間違えはないのですが、私は「取り組む順番が間違っているよ」

とアドバイスしています。


受験生になったら、一番最初にするべきことがあります。

自由塾は、私は、最初にそのことを伝えます。

受験生が最初にすべきこと、それは毎週月曜日に日暮里教室でお伝えします。

自由塾の生徒も、他塾の生徒も、ご関心がある方は是非いらしてください。

無料で相談をお受けいたします。


自由塾 室長 河野 元徳

---

お問い合わせは↓こちら↓

https://jiyujyuku.com


【ブラボー先生®教育コラム】その学びを子供達へ
2019. 6. 10/【ブラボー先生®教育コラム】 /
6月2日、とても蒸し暑い日曜日。今年も若手講師対象の研修会を開催しました。自由塾町屋教室が仲の良い桜学舎さんに御誘い頂き、これで三年目の合同研修会。活動が認められ今回はプライベート開催では無く、自由塾が加盟する東京私塾協同組合東支部のイベントに格上げ、沢山の若い講師の先生が丸一日勉強しました。会場をお貸し頂いた駒込高校さん、いつもどうもありがとうございます。

今年は初参加の小岩にあるラーニング・ワンの先生方含め、三十名以上の講師が集まり、6コマみっちり勉強しました。

午前は桜学舎亀山先生による全体研修。講師の役割について二コマの座学を。午後は二コマ、外部よりWoman+α 代表 菊池先生をお招きして学習塾講師マナー講座を受講しました。

東京私塾協同組合理事・進学個別桜学舎亀山塾長による講義。

マナー研修では、社会人に必要な礼儀作法について学びました。

その後は教科毎に分かれての分科会。私もお恥ずかしながら英語の講師を担当しました。いや〜、緊張した。でも、こうして沢山の機会を頂いて私も成長していくのです。

英語分科会担当ブラボー先生。学校の先生みたいにみえますでしょうか?(笑)

当日はお休みの所、駒込中学高等学校河合校長よりご挨拶もいただきました。

大体、人生はいまや100年時代に突入しつつあるのです。勉強が序盤の20年だけだなんて、もったいないと、そう思いませんか?特に私なんて20代から勉強するということ、知ることの喜びを知った方です。

桜学舎、ラーニング・ワン、自由塾町屋教室の若手講師のみなさん、お疲れ様でした。今日学んだ事を、是非子供達の授業に活かしてくださいね!



その学びを、生徒たちへ。
自由塾町屋教室
ラボー先生®︎
先入観という厄介者
2019. 6. 6/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
先日、小学生の授業をしていて、英語の話になりました。
とある生徒が「英語苦手だぁ」と言っていたので、こんな早くから先入観が!と思い授業から少し脱線しましたが、僕が中学1年生に英語を教える時に必ず話す話をしてみました。

英語は26個のアルファベット、大文字小文字を別の文字と考えても52個の文字から成り立っています。
私たちの母国語である日本語はどうでしょう?もちろんご存知の通り、ひらがな46個、カタカナを別の文字と考えればプラス46個、拗音、濁点など入れたら……それに漢字!もう外国人からすればヒエーーーですよね。
そんな世界でも一番複雑な言語でもある日本語を平気で使ってるんだから、大丈夫よ!
と言ってもまだまだ納得いかぬよう。

それならと、「私は」と同じ日本語の言葉はいくつあると尋ねると、クラスの子達から僕は、俺は、わたくしは、うちは、わしは、拙者は、などたくさんの一人称を発言してくれました。

英語には「私は」を表す言葉は「I」しかないんだよと話すと、衝撃を受けたようでした。

このように英語には多くの子に難しいという先入観がリードしています。
先入観というやつは本当に厄介ですよね。

でも、そんな厄介な先入観を乗り越えられれば、英語は比較的簡単にいいスタートが切れるし、得意科目にもできるんですよね。
何としても先入観を取っ払ってあげたいなと改めて思わされた時間になりました。


自由塾副塾長 高松
考え抜いて、学びを高め合う授業~都立中高一貫対策クラス~
2019. 6. 5/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
自由塾でアドバイザー兼講師をしている河野(かわの)です。
今月から自由塾のブログを通じて、様々な情報やコメントを発信させていただきます。

先ずは、看板授業の一つで、私も担当させていただいている「都立中対策クラス」について、皆さんが気になる合格実績から。

僭越ながら、合格実績は、この7年間で2014年度を除き、小石川・白鷗・両国・九段と毎年2名以上の合格者を出しております。
因みに、2018年度(2019年2月)は、白鷗と九段に合格者を出すことができました(不合格者ゼロ)。
都立中高一貫校の適性検査の難易度や倍率の高さから考えれば、自由塾の「都立中対策クラス」の取り組みについて、ご理解と評価をいただけるのではないかと自負しております。

 肝心な授業ですが、出題傾向によって取り組む問題のテーマこそ変えますが、自由塾オリジナルの授業スタイルは変えず、ブレず、今年も展開しています。

私が担当する授業の特長は、受講者が課題を事前に取り組んだ上で、各受講生が考え抜いた解答とその理由を私のリードの下で発表し、ディスカッションする授業スタイルです。
このスタイルは、分析力・論理的思考力・表現力を総合的に養成することが効果的です。

一番の学びは、教材や講師の私からではなく、他の受講生のアイディアや意見という受講生の声をよく耳にする、そんなLIVE感のある授業です。


本気で都立中学一貫校へ合格をお考えの方、自由塾に関心がある方は、ぜひ見学に来てください。


---

お問い合わせは↓こちら↓

いきいきと学ぼう!

自由塾

https://jiyujyuku.com




ブラボー先生®ついにユーチューバーデビュー??【下町塾長会議】
2019. 6. 3/【ブラボー先生®教育コラム】 /

アメリカで4年間舞台人を志し単身渡米、それなりに大学生ながらプロの劇団でキャリアを重ね、大学卒業後帰国。劇団で主演(一本ね)を含むいくつかの舞台を踏んだわたくしブラボー先生は、多くの皆様がご存知の通り(笑)、素顔は赤面症で多汗症の出しゃばりという、なかなか厄介な男です。これが、個人面談や、クラスになると水を得た魚の様に(うお座なだけに)いきいきとできるので、個人的にはデスクワークよりもこういう活動は天職だ、と、そう思っています。

それでも次から次へと思い付いては色々とお仕事増やしているので(笑)、周りからはワーカホリックなんてありがたくもない二つ名をいただいております、ハイ。

そんな忙しく毎日を過ごす中、表題の件。突然ですが私、【下町塾長会議】に出演することになりました!




実は、大変仲良くお付き合いさせていただいている、進学個別桜学舎・亀山塾長と、大島栄伸塾・飯塚塾長という仲良し塾長三人で(私の立場は教室長ですけれども)、ユーチューバーデビューする事になりました!下町塾長会議とはそのチャンネル名で、我々三人がただただよもやま話をするだけのチャンネルであります笑。毎回議題のみを決めただけで、あとは出たとこ勝負笑。でも三人とも教育に対する熱い想いありますからね、我々の人柄とかをまだわれわれを知らない方にご紹介したり、保護者や子供達にとって色々と面白く、ためになる様なお話が出来たらいいなぁって思います。


で、実は先日収録済ませて来たのですが、いや〜緊張した。一体、クラスや保護者面談と何が違うのでしょうか(因みにクラスや面談時は素の私なんですけれどもね??授業や進路指導は自信持ってお届けしているからなのかしらと自己分析しています)?ですから第一回の会議でも表明した様に、私の裏テーマはこの弱点克服です。

そうしたら、又新しい自分になります。いつまでもワクワクしていたいものです笑。

一年は頑張ろうねって励ましあっているので笑、とっても恥ずかしいですが皆さま、是非ご登録お願いします!

↓こちらをクリック↓




 
一年後新たな私へ

自由塾町屋教室
ブラボー先生®︎ 


自由塾町屋教室のICT教育
2019. 5. 27/【ブラボー先生®教育コラム】 /
町屋教室の荒川です。

ICT教育という言葉、ご存知でしょうか?
ICTは、Information and Communication Technology
日本語では情報通信技術という意味です。IT(Information Technology)とほぼ同義で使われることも多いですね。

具体的にはパソコン・タブレット端末やインターネットを活用した教育手法のことです。

現在、自由塾町屋教室ではICTを活用したクラスが4種類あります。


2. ことばの学校
開講日時
 月曜〜金曜 小学生17:00〜・18:00〜 中学生 19:30〜 20:40〜
 土曜 14:00〜 15:00〜 16:00〜


2. ロボット・プログラミング教室
開講日時
 土曜 14:00〜 

3.理社プラス
中学生を対象に理科と社会の映像授業で繰り返し見ることで、定期考査対策と受験対策を進めていきます。
開講日時
 火曜19:30〜


4.都立中対策プラス
開講日時
月曜・金曜19:30〜
土曜 14:00〜
6年生90分 5年生60分

こちらは都立中対策クラスを受講している生徒を対象に、公立中高一貫校受検の基礎となる内容を映像授業で繰り返し演習していきます。

現在、担当としてこのクラスの体験を行っていますが、2つのメリットが見受けられました。

1つは自習の促進です。当教室ではそもそも自習に来る生徒は多いですが、それでも自習に来るのに消極的な生徒もいます。そういった生徒が通常授業とは別に決まった時間に塾に来る。そして勉強時間を確保するきっかけになるということに大きなやる意義があります。自習に1度来たら頻繁に来る
ようになるというのは、自由塾あるあるです。

2つ目はイヤホンをして一人で集中して取り組むことです。
毎日のように自習に来ている生徒も多いですが、普段の自習では自習生が多いこともあり一人で黙々と取り組むというよりは競い合ったり教え合ったりする場面も多く見られます。
これに関しては、近い目標を持つ子どもたちが集まる塾という特殊な環境の良い
面でもあります。しかし映像授業では、イヤホンをしてそれぞれのペースで、ある意味強制的に黙々と取り組む環境に置かれます。勉強が映像授業のみとなると、またこれは偏りますが、週に一定時間こうした時間を設けることは大きな意味があります。
映像授業を受講する生徒達(奥)と、自主的に登校して自習・テスト対策に励む中学生。これが目指すスタイルです。

自習ベースの授業ですが、進め方の指導や質問には僕があたります。
「この形式がまだ不安だから、これで練習しよう」とか「これがわからない」に対しては「この映像のここを確認しよう」とか「この例題の解説を読んで考えてみよう」という形で、「勉強を教えるのではなく勉強の仕方を教える」という自由塾の基本方針通りです。
特殊な形の参考書がひとつ増えたというイメージですね。

あくまで道具の一つでしかないので、使い方が大切です。ただ生徒に丸投げではせっかくの利点が得られないばかりかデメリットだけが出ることになってしまいますね。



自由塾町屋教室
教務主任荒川


【スタート模試内】受験説明ミニセミナーに吉澤教務主任が登壇します!
2019. 5. 24/【ブラボー先生®教育コラム】 /

首都圏模試(しゅともし)は自由塾町屋教室が主に私立中受験対策クラスの生徒に受験を勧めている外部模試です。他の模試をあちこち受けず、ひとつの模試に継続して受ける事で偏差値・成績の推移がわかりやすいというのが一つと、偏差値が各模試により変わるので、単純に混乱するだけだからです。同じ理由で当教室では都立中対策クラスの生徒に公中検模試を受検するよう指示しています。

模試の結果は、中学校・高校訪問した際、特に個別相談会などでは必ず持っていくようにお伝えしています。学校でも生徒がどれくらいとれているか、は知りたい情報ですし、高校だけでなく、中学でも各学校によって決められた加点などもあるみたいです。詳しくは夏期講習前保護者面談でお知らせしますが、結果はなくさないよう大切に保管してくださいね。

さて、小学3年・4年・5年生で中学校受験を検討されているご家庭は、こちら首都模試のスタート模試が6/30(日)にあり、自由塾町屋教室は試験会場になっております(会場費の関係で、自由塾会場受験の方が若干安価で受験できます。)。外部の生徒と一緒に受験してもらい、その時間中、お待ちの保護者を対象に中学受験ミニセミナーを開催します。こちらの説明会に当教室の吉澤教務主任が登壇することになりました!

今回模試は非受験でも中学受験について聞いてみたい!という自由塾のご家庭は、当教室公式LINE@よりお申し込みください!
スタート模試は都立/私立中受験に迷っている生徒に最適!詳しくはこちらをご覧ください。

※外部生のご家庭につきましては大変申し訳ございませんが、スタート模試を受験されるご家庭の保護者に限らせていただきます。



自由塾町屋教室 

お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.