ブログ
学校見学記~京華中学校・高等学校
2016. 10. 13/町屋教室のブログ / 入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /

106日、京華中学、高校を訪れました。

都営三田線白山駅から徒歩3分。その名も京華通りを抜けると校舎が見えてきます。

この通り、ちょっと風情があって好きです。おいしそうなトンカツ屋さんやおそば屋さん・・・。


 

京華学園と自由塾の付き合いは長いです。

きっかけは、現広報室長のK先生がうちの入谷教室を訪ねていらしたことからでした。

その帰り際、K先生に「いい塾ですね。」とおっしゃていただきました。何をご覧になってそう思われたのかわかりませんが、そのお言葉がとてもうれしく響き、だからというわけではないのですが、もう10年以上懇意にしていただいています。


校門を入ったところの壁面の絵

 

さて、今回の説明会、若手スポーツマン系(?)の先生お二人の掛け合いで進めるという斬新なスタイル。この学校、時に在校生の生のインタビューがあったり、長めのプロモーションビデオを見せたりといつも説明会にひと工夫があります。

そんな小さなこだわりの積み重ねが「塾イチオシ」の中高一貫校と言われる由縁でしょうか。この学校、なんと学習塾塾長アンケートで4部門1位なんです!

その4部門とは・・・

面倒見が良い」

「生徒や保護者の入学後の満足度が高い」

「入学時の偏差値に比べ、大学合格実績が高い」

「生徒や保護者に勧めたい」

もうこれ以上の説明は必要ないかもしれませんね。

要は、入口より出口がぐんと高くなる学校ということです。

 

このような評価を受けるのには、それなりの理由があります。

中1の全生徒との校長面談、PTAと教職員が一緒に行く八ヶ岳視察旅行など、随所に細やかなこだわりを感じます。

 

さて、大事なことを漏らすところでした。

中学部に「国際先進クラス」が誕生します。

オールイングリッシュの授業

中学卒業時までに英検2級を目指す

セブ島英会話研修 など期待できそうです。

こちらのコース、新中1が中2になる時から開設です。

     

もうひとつ特筆すべきは、こちらの学校、ほとんどの教職員の方が講習を受け、救命技能認定証をもっていらっしゃるということ。「預かった生徒の命を守る。」こんなところにも真摯な姿勢を感じます


 

創立120周年を迎え、さらなる飛躍が期待できそうです。

中島

学校見学記~駒込中学校・高等学校
2016. 10. 12/町屋教室のブログ / 入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /

105日、駒込中学、高校を訪れました。

今回は千代田線千駄木駅から行ってみました。

団子坂、緩やかな上り、少し汗ばみました。日頃の運動不足を痛感。



 

さて、今回の説明会、最初に壇上に上がられた校長先生のお話が圧巻でした。

明治維新以来最大の教育改革期にあって、私学としてどんな生徒を育て、世に送り出すべきなのか真摯に向き合い、取り組んでいらっしゃるのがひしひしと伝わってきました。

100冊の恋愛小説を読むよりも、1回の失恋を経験する方が人生をよりよく学ぶ」といったお話も思わず頷きながら拝聴しました。

 

そんな教育への熱意を具現化するのが、次年度高校入試から募集が始まる「理系先進コース」だと思われます。

現在の世界情勢や日本の将来に鑑み、理系のリーダーとなる人材の育成を目的として新設されます。

頭でっかちの理系人間を作るのではなく、学んだ知識を実生活に活かせる人材を育成することに重きを置いているようです。国内の高校ではあまり見られない科学倫理の授業も行うそうです。

すでに優秀な生徒を集めている「国際教養コース」と並んで、駒込学園の両輪として学校全体を牽引しそうですね。


 

中学、高校とも入試の偏差値が上昇していますし、大学進学実績も上がっている学校のひとつです。これからも目が離せない存在になりそうです。


     中島


学校見学記~墨田川高校
2016. 10. 11/町屋教室のブログ / 入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
10月8日土曜日、今回は都立高校を訪ねて来ました。
都立墨田川高校。



進学重視型単位制高校で、平成21年度より東京都教育委員会から進学指導重点校に指定されています。
国公立大、早慶上理、GMARCHなど主要大学の合格者数も年々伸びています。

その理由は・・・
『受験指導の早期対策』
  ●受験指導は1年次から
『センター試験対策は2年次までに』
 ●1年次で「数学Ⅱの先取り』
『国公立、難関私大入試に対応した教育課程』
 ●1、2年次は共通履修(3年次から文系・理系に分かれます。センター試験を見据えて)
 ●3年次は90講座もの豊富な選択科目(教員の数が多いからできるそうです。)

私が特に注目したのは・・・
 第1志望宣言
 第1志望校を最後まであきらめない姿勢を作るため、2年次までに第1志望校を決めさせ、宣言させています。
 その第1志望の達成率は・・・41.9%
 大手予備校で30%強だそうですから、十分に胸を張れる数字ですね。

会の進行は、生徒会役員、生徒会長から中学生へのメッセージも。
在校生がしっかりしています。
他の生徒達も非常に明るく元気に挨拶をしてくれました。
『文武不岐』をかかげ、部活動加入率100%以上。水泳部、ボート部、音楽部など結果を出している部活も多数。
「高校らしい高校だな。」というのが、私の印象です。
少し自分の高校時代を思い出して懐かしくなりました。

会の最後に数々の受賞歴のある音楽部から校歌のプレゼント。
こちらの校歌、あの「五重塔」の幸田露伴の作詞です。

美しいメロディー、美しいハーモニー。
とても感動的でした。

 
  中島

 



学校見学記~上野学園中学、高校
2016. 10. 8/町屋教室のブログ / 入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
10月3日、雨模様の中、上野学園中学、高校へ行ってまいりました。
入谷教室から程近いこともあり、例年数名の生徒がお世話になっている学校の一つです。

上野学園と言うと、女子校、音楽学校というイメージを持たれている方も多いかもしれません。しかし、共学化してからちょうど10年、また中高一貫校になって3年が経過し、大学進学面でも実績を出しています。(もちろん音楽科も存続していますよ。)


教務面では相乗効果で伸ばす「しかけ」を意図的に用意していますとのこと。
そのしかけとは…
①少人数制の授業
②自習室を夜8時まで開放
③無料の夏期、冬期講習
④授業力向上のための教員全体研修(かなり力を入れているよう)  等々
その結果、GMARCHクラスの大学へは安定的に合格者を出せるようになったということです。

さらに共学化以来の目標「難関大学合格!」を「グローバル社会で活躍する人材の育成」に上方修正。“NEXT STAGE"へを合言葉にする先生方の本気度を感じました。


授業では「思考力を軸とした授業を重視」し、独自の新たなプログラムも始動しています。
例えば
①思考・表現を重視した体感型英語教育
  Trip to Asakusa(中1・2)
   British Hills研修(中2)
②クリティカル・シンキング・プログラム…「独りよがりの理屈」で終わるのではなく、多様な角度で思考し問題解決できる力の獲得
③現代文をコアとした社会科目連携型カリキュラム  等
いずれもちょっと授業風景を覗いてみたくなるような興味深いものです。


若く熱意に満ちた先生方も多く、これからさらに伸びるのではと予感させられたひとときでした。

すいません。写真撮りそびれました。
    中島




学校見学~聖学院中学高等学校~
2016. 10. 8/町屋教室のブログ / 入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /

こんにちは\(^_^)/
リアルな学校の様子をお届けするシリーズです。今回はJR山手線「駒込駅」徒歩5分の聖学院中学校・高等学校にお邪魔致しました。
閑静な住宅街に佇む校舎。すぐ左手はグラウンド。



ゼッケンを着けた生徒達が元気に走り回ってます。でも泥臭さはなくてなんだか、紳士的な男子達。

こちらの学校ではアクティブラーニングをとにかく授業に取り入れています。授業開始後5分で、生徒はグループに分かれ数学の問題解説討論。美術では作品の批評をグループごとに作成。どちらもプレゼンテーション有りです。


廊下を案内されていると、なにやら音楽が。激しくみんなで動いていてダンスの時間かと思いきや、英語の時間でした!ネィティブならではの授業構成にびっくり。でもこれなら、体で英語がマスターできし、楽しいなと思いました。体も頭もフル回転。盛りだくさん授業なので、寝ている暇もボーッとしている時間もありませんね。


もちろん、国際交流もさかんです。タイへのボランティア研修、ホームスティ、留学。更に年々海外大学への合格者が毎年増えているそうです。台湾の大学は日本の大学費用よりかなり安いそうです。そこから、アメリカ大学への編入の道もあるとか。将来性抜群ですね。


更に驚くことに「レゴ入試」を導入しています。そうです。あのブロックのレゴです。いろんな資料を用いたテーマを提示し、その解決策をレゴで表現。そしてなぜそれを作ったのか作文にまとめ、プレゼンテーション。御察しの通り、難易度高いです。


なぜレゴを導入したのか…

聖学院の先生達の疑問から生まれたそうです。「たった1回の4科入試で本当に子供を理解できるのだろうか」と。のびしろをたくさん持った子供達を見つけ出したい。そんな思いで導入したようです。また在校生いわく「先輩や先生がとにかく優しくて周囲の人を大切にするという礼拝での教えが好きです」とのことでした。

更に


①誰が特待生か一部の管理者以外は知らせない。


②入試当日には在校生から受験生への励まし応援メッセージ


といったメンタル配慮が素晴らしい。子供達への愛情を感じます。
こちらの校長先生は開成の校長先生と「リーダーシップ育成」について良くお話をされていて、これからの人材を「大切に育てたい」と考えているそうです。

高校3年生では大学院生並の研究を発表して賞をとった生徒、偏差値30代で入学したのに六大学に受かってしまった子。「奇跡の学校」と言われる理由が垣間見れました。

英語での入試も導入されています。(英検3級以上所持が条件)なかには準2級所持の兵もいるとか。レベルの高さが伝わるかと思います。


これ、中学入試ですよ!

私立中学校では現在【英語入試導入校】が毎年急増しています。更にほとんどの学校が中学校在籍中の目標として準2級から2級を掲げています。それもこれも全て「大学入試改革」に照準を合わせてるからなんですね。【アクティブラーニング=能動的授業】が行われているかどうか…


偏差値のみならず、学校選びの基準の1つに追加してはいかがでしょう。
御相談は各教室にて承っております。

私立中をお探しなら自由塾学校図書館まで


[自由塾町屋教室 教務主任  吉澤]



授業参観
2016. 10. 6/町屋教室のブログ /

こんにちは!

本日は都立中高対策作文クラスを少しだけ、覗いてみて下さい。

ここ最近グググッと力を付けてきた生徒達。先日の模試ではなんと、大手を押さえ、総合順位1位(1,
500人以上受検)の生徒も!平均偏差値60越えが何人も出ております(^-^)

本日は朝日小学生新聞記者さんが「授業参観」にいらっしゃいました。


「アィデンティティ」がテーマの宿題の答え合わせをすると、
記者さんをうならせるほどの解答が続出でした。奥が深い内容や、比喩を使った表現にみんなで感心しました。ん~本当に凄い成長ぶりです♪よく考えてくれてます。さらに記者さんへの質問コーナーを設け「作文で賞をとるコツ」を教えてもらいました。



これはもちろん合格する秘訣でもあります。\(^_^)/

皆真剣に聞いてましたね。

普段何気なく読んでる新聞ですが、
記者の方の話を通じて文の大切さを教わりました。私達講師は日本語を「国語、受験」という角度から扱います。ですからテストに出そうな言葉を授業中、たくみに会話に盛り込んだり、綺麗な日本語、敬語を使用するように注意しております。

しかし記者となると日本語を別の角度から扱います。

記者の方が説明のなかで使用した言葉の一つ一つはとてもインパク
トがあり、心に残りました。それでいて子供達に分かりやすいものでしたので、流石だな~と私も勉強になりました。一生使用していく日本語。生徒にとっても有意義な授業でした!

都立受験を少しでも考えている方、
自由塾各校舎までお気軽に御相談下さいませ。




町屋教室教務主任吉澤



添付ファイル エリア

2016. 10. 5/町屋教室のブログ /

10/2(日)は我々自由塾が所属する東京都私塾協同組合主催の受験相談会がありました。

当日は、なんと2200名もの参加者があり、ヘトヘト、ヘロヘロになりました。それでも渋谷までわざわざ来てくれた自由塾生を見かけるたびに人の間をぬって案内してました。自塾の生徒がくると急に張り切っちゃいます。


当日はペッパーもきていました?ペッパー?そうです。あのペッパーです。



そのペッパー


はじめて触れ合いましたが、なかなかのやつです。
『年齢当てが得意だよ〜あなたの年齢は・・・・・・   30さい!』

賢いやつです(笑)。

さて、一週あいて再来週には錦糸町会場です。自由塾生はこっちのほうが近い会場ですね。今回初参加の都立両国高等学校・付属中学校や、渋谷でも人気だった都立白鷗高等学校・付属中学校など、去年よりも参加学校数が増えています。これだけ私立・都立の中学校高校がそろいますから、多くの来場者数がよそうされます。

自由塾生にはファストパスを出しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。また、錦糸町会場では無料セミナーもあります!



自由塾町屋教室
よしも30歳(娘13歳)

【コース案内 加筆】都立中高一貫校対策コース
2016. 10. 4/町屋教室のブログ /


都立高校の中で初めて都立白鷗高校に附属中学校が併設されたのが2005年。その6年後、2011年度に東大合格者を5名も輩出し、高校・塾・予備校など教育業界を震撼させた“白鷗ショック”。こうして都立中高一貫校の人気が一気に高まり、この地域でしたら白鷗・小石川・両国に千代田区立九段中の、所謂公立バブルが始まりました。

自由塾は台東区入谷本部教室が白鷗高校に近い立地条件もあり、初年度より対策クラスを立ち上げ研究・対策をうってきました。当時塾長は当時1コマ100分の授業を作るために何百分もの時間を要したといっていました。

教材会社や模試等もまだまさに手探りでの状態でした。なにせ、入学試験ではなく、適性検査受検ですから今までの受験方法とはその性質が異なります。では、適性検査とななにか。わたしが考える都立中高一貫校の適性検査とは、


【与えられた情報やルールを自分の発想で精査・検討し、勉強を含めた体験からどの様に表現することができるか、そういった資質をはかる検査】

だと思っています。実際、適性検査は私立校が行う教科毎の入学試験とは違い、教科横断型(教科混合)テストと論文です。

“自らの自由な発想でたくましく育ってほしい”、自由塾生に求める生徒像にどことなく似てませんか?

自由塾の都立中高一貫校対策コース本科は、設立当時から伝統の5年・6年合同講義です。5年生は6年が難しい問題に解く難問に必死に食らいついてきます。当然、比や割合、速さなどまだ夏休み前の5年生が小学校でやらないことも盛りだくさん。知らないことをこちらは知っていますから、飛び級で指導します。都立中を考えている生徒は意欲がありますから、学校で習っていないからやらない、という理屈にはなりませんね。(まれにいますが。)


・・・



さて。ここから少しシビアな話をします。先ほど説明した通り、都立中高一貫校は本当にものすごい倍率です。教室内にいるすべての生徒が受かることは現実的には非常に低いと言わざるを得ません。そこについては悔しいですが、うそを付けないところです。面談にいらっしゃる親御さんにも子供たちにも今いるクラス内の生徒数と、合格率との兼ね合いで、果たして都立中高一貫校のみ受検だけでよいのか、とか、最近私立中も都立型適性検査を導入している事例などを丁寧に説明します。(もちろん、不必要に彼らを不安にさせるために話すわけではありません。)でもそのときはっきり、『今頑張って勉強していることは絶対に、絶対に無駄にはならない』と説きます。たとえ希望校の桜がさかなかったとしても、実際近隣区立中学で彼らは学年トップクラスを維持して3年後、見事高校チャレンジでリベンジしているのです。


今、私たちが心血注いで教えていることは、その後の彼らの勉強の向き合い方に間違いなく一本ピッとした指針を与えている、と信じています。これを自由塾では『後伸び教育』と呼んでいます。



5年後、10年後を見据えた教育。
いつか花を咲かす、その時のために。




自由塾町屋教室
ブラボー先生®







【コース案内】第一薬科大学付属高等学校町屋学習センター
2016. 9. 30/町屋教室のブログ /


町屋教室は、第一薬科大学付属高校広域通信制普通科渋谷キャンパスと提携、学習センターとして生徒を受け入れることになりました。当教室は同高校町屋学習センターという位置づけです。通信制とはいえ週に一度のスクーリング(授業)があります。単位制なので自分でクラス編成が効きます。また、本人のやる気次第では将来の大学進学も見込める高校です。詳しくはこちらをご覧ください。


この高校を運営する都築学園は、九州で本校の母体である第一薬科大学をはじめ横浜薬科大学・日本薬科大学・第一工業大学・日本経済大学・神戸医療福祉大学や、数々の小中高、専門学校、幼稚園などを持つ一大教育グループです。私自身、大学付属校が通信制高校を持つこと自体あまり聞いたことがありませんでした。先述の通り、グループ内の大学や専門学校への進学を希望する生徒には道筋もあり、この度ご縁があってその学習センターとしてこの地域では唯一のセンター校となりました。


学習センターとして町屋教室でやることは基本的には自由塾高校部と変わりありません。渋谷キャンパスに週一の通学がありますが、きめ細かい指導が必要となったときに当教室で課題のサポート指導を受けられます。町屋教室には自習室が完備されてますから、課題を自習室で、授業では学校の予習復習試験対策というような使い方を提案します。高校の課題やレポート作成のお手伝いが中心になるとおもいます。もちろん、個別で進路相談等お受けしております。


高校生にもなると、様々な理由から高校生活をドロップアウトするケースが出てきます。そしてこの頃はそうした事例をよく耳にするようになりました。自由塾では今、病気や、人間関係で中学や小学校にあまりいかれてない生徒も勉強しています。そういった子供たちの対応として、私達のひとつの答えです。

しかし度重なる通信制高校の不祥事で、通信制高校全体に対する信用失墜を懸念する声も出ています。ですが、困っている生徒がいるのも現実です。また、これをきっかけに自由塾が学校経営に乗り出すですとか、そんな大それたことは全く考えていません。塾は、今まで通りですのでご安心ください。きっかけは、自塾の子供の受け皿になれば、という思いからです。


先日、各センター長の勉強会に第一薬科大学付属高校へ行ってまいりました。通信制の生徒は週一度、または集中講座どちらか選択し、通学します。各学習センターでわからない部分の勉強をサポート・予習等する形になります。


校舎は渋谷駅から徒歩2分。一等地にあります。清潔で明るい大小様々な教室があります。




お手洗いもとってもきれいでした!これ、結構大事!

お近くで悩んでらっしゃる方がいましたら、自由塾で受講している・いないに関わらずご遠慮なくお問い合わせください。いろいろとお話しができると思います。

新たにセンター用のホームページを作成しました。詳しくはこちらからどうぞ

自由塾町屋教室





ファストパス
2016. 9. 29/町屋教室のブログ /




いよいよ今週末、自由塾が加盟している東京都私塾協同組合の
受験相談会が渋谷会場で開催されます。会場は渋谷エクセルホテル東急6階です。また、16日は錦糸町丸井8階すみだ産業会館でも行います。吉元・中村・相場先生が渋谷・錦糸町に。錦糸町には入谷教室から塾長も参加する予定です。

今週末渋谷会場にはPEPPERも参加!

前回4000人を超える参加者を集めたこのイベント。自由塾は組合加盟塾ですので、当塾の生徒には『ファスト・パス』を発行しております。例の、あれです。スタンバイから並ばなくてもいい、ちょっとえらそうに入れる、夢のような(笑)、あれです。(おおげさか。)

あらかじめメルマガで配信致しましたが、受けとっていない生徒はお申し付けください。スマホ画面・またはプリントアウトしたページで開場15分前に優先入場が可能になります。

非受験学年の生徒も多くの学校と触れ合うチャンス!無料のセミナーやプレゼントもあります!受験生は中間が終わったら是非錦糸町会場にお立ち寄りください!


自由塾町屋教室



お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!


  • 個別相談 入谷教室
  • 個別相談 日暮里教室
  • 個別相談 町屋教室
  • 塾生の声
  • 保護者様の声

  • 入谷教室ブログ
  • 日暮里教室
  • 町屋教室ブログ
  • 自由塾 新着情報
  • 幼児教育・ラビットコース
  • 小学生の授業風景
  • 都立中高一貫校対策の授業風景
  • 中学生・高校生の授業風景
  • 定期試験対策週間の様子
  • 町屋教室・『ことばの学校』

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.