ブログ
学校見学~芝浦工業大学付属柏中学高校編~
2016. 8. 28/町屋教室のブログ / 入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ / 自由塾のブログ /


本日は千葉県にある「芝浦工業大付属柏中学高等学校」
にお邪魔致しました!最寄り駅は柏駅または新柏。下り線で朝はラッシュとは無縁。そこからスクールバス。広い人工芝グラウンド、夏は下からスプリンクラーで熱中症対策するそうです。




「自ら考え育つ子に」をモットーにしているので、
チャイムは鳴りません。連絡も生徒が各自掲示板で確認します。

朝の自主学習用の図書も充実。書店さながらの図書室、5万冊の蔵書。全天候型のプールもあります。



ランチは中学、高校と時間差を設けています。食堂、売店、テラスを全生徒がゆったり使えるうれしい配慮です。真夏は汗だくになりながら、テラスでお弁当を食べる強者生徒も多いとか。人気のスペースです。




こちらの学校は中学校の偏差値は控え目ですが、高校募集になると跳ね上がります。更にスーパーサイエンス・スーパーグローバル認定校。大学の偏差値はGMARCH以上!
GMARCH以上の大学が保証されるのは私立ならでは。『自分を育てる、自分が育つ』自由塾の方針に共通しているなと思いました!




自由塾町屋教室吉澤




夏期講習 フィニッシュ!!
2016. 8. 27/自由塾のブログ / 入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
入谷教室、日暮里教室のブログの更新、しばらく滞っておりました。申し訳ありません。
夏期講習中はなかなか手が回らず・・・はい、言い訳です。町屋教室の吉元先生はえらいなあ!

さて、その夏期講習、いよいよ今日最終日を迎えました。
人間の身体って不思議です。何とかぎりぎりのところで最後まで持ってくれる。
講習があと1、2日続いたとしたら、体力が持つかどうか?

実際、講師たちも今日の最終日は、「あと2コマだ。」「あと1コマ、がんばろう!」と声を掛け合いながら気力をふりしぼっている感じでした。
夏期講習は、ことばは適当でないかも知れませんが、ある意味、生徒達と講師陣のガチンコ勝負!
一切の妥協はしない、させない。だからこそ、教える側も心身ともに消耗するのです。

そんな中、講習ならではの光景も。
講習では、通常の授業では担当しない講師が担当する場合があります。
初めのうちは、緊張気味の生徒。それが回を重ねるにつれ打ち解けて、講習終盤では明るい笑顔に!
「先生、また教えてね。」そんな言葉を耳にするとうれしくなってしまいます。

とにかく、入谷教室、日暮里教室の夏期講習は今日で無事フィニッシュ。
講習期間中にあったこと、講習のよもやま話はまたそのうち。

まずは、元気に講習に通ってくれた生徒達。猛暑の中、連日奮闘してくれた講師陣。
そしてそして、快く子供たちを講習に送り出してくださった保護者の皆様に

「ありがとうございました。」   中島     






部屋とYシャツと私
2016. 8. 26/町屋教室のブログ /
出勤の前に、夏期休暇用の本を買いに書店へ。



話題の『怒り』を購入しました。読書一家吉元家弟曰く、久々に小説でないた、と。おお、タイトルでは泣きそうな本ではないぞ?感動したい!購入!

久しぶりに大きな書店に来たので、受験用の問題集や趣味の靴みがきの本・マラソン・相撲雑誌など物色しながらフラフラを店内をあるいていると、なんと、ジムに月々高額のお金を支払わないで結果をコミットする本が!!

夏前に買ったパンツがすでにキツイわたし。とはいえ、肥えたらダイエットを繰り返してきたわたしの財布が簡単に購入をゆるしません。家には似たような本がいっぱいあるはずです。で、まあなんとなく最近のダイエット事情を読み解くと(立ち読みで)、要は糖質をカットまたは減らしましょ、という事みたいですね。その分、いっぱい動いてタンパク質食べよう!と。最近の主流になりつつある、低糖質ダイエットですね。


厚生労働省によると、炭水化物の主な役割は、脳、神経組織、赤血球、腎尿細管、精巣、酸素不足の骨格筋等、通常はぶどう糖しかエネルギー源として利用できない組織にぶどう糖を供給することである。と、あります。塾講師は脳ミソ商売ですから、脳内ガス欠で授業に臨むわけにはイカンのです!(言い訳)




なんだかんだ言って、わたしはどうすりゃ絞れるのか知ってます。もっともっと働いて、ガンガン走ればいいんです(笑)。酒の量を減らせば効果は倍増!太るとは必要以上に摂取しているのだから摂取できるくらい運動すればいいんです。

みんな知ってるんですよね。でも楽な方法ないか、と模索する。
これ、勉強ににてるかも。さあ、もうすぐ夏も終わります!ラストスパート!



米がシュショクの私
The rhyme teacher YOSHIMO


TJC
2016. 8. 22/町屋教室のブログ /



一生懸命勉強して、難関校に入って、で、入ったことで燃え尽きてしまう子供が結構いるそうです。結果、あれだけ望んでいたはずの学校をドロップアウトしてしまった・・・実力より上のレベルの受験に合格、喜んだのもつかの間、授業についていけず、毎日毎日補習ばかりで息をつく暇もない・・・

そんな話を聴くと、かわいそうに感じてしまいます。わたしは子供たちには遊びも勉強も一生懸命やってくれることを望んでいますから、勉強がすきなら頑張ってそこに行けばいいし、部活を一生懸命やりたいなら、頑張ってその学校へチャレンジして欲しい。行ける学校、よりも行きたい学校へ行ってほしいです。

・・・受験生が勉強をしていて集中がきれた時に、息抜きでわたしの学生生活のことを話すことがあります。わたしは非常に濃い学生生活を送りましたから(笑)、話す内容には事欠きません。特に留学中の話など、生徒達は『え〜本当〜??』 と、目をキラキラさせて話を聴きます。一生の仲間(悪友?)との出会い。色々な経験を、不自由なく大学卒業までだしてくれた両親には本当に感謝です。まったく干渉しない父と、過干渉気味の母。バランスが取れていたのかもしれませんね。

志望校選びは重要です。実際に行って、先生とお話しして・・・自分が将来行くかもしれない学校ですから、インターネットだけの情報収集だけではなく、足を使って学校に行くこと。今後3年・6年行く通うともなれば、交通の便も重要なファクターだと思います。それでも学校選びで一番重要なのは『自分が本当にその学校に行きたいか』これに尽きると思います。数字だけの志望校選びはとても危険だと思います。

学習塾は何年も進路相談をしてきています。多くの合格実績もあるはずですので、親子だけで悩まず、相談に行かれることをお勧めします。


・・・


今もしも、他塾生で塾を変えようと検討していて当教室のHPをご覧になっているのであれば、ちょっとよく考えてみてください。今いる塾でなぜ、成績が伸びなかったのか。なぜ下がったのか。そして本当に次の塾で上がるのか。一体変わるのは『だれ』なのか?

町屋〜西日暮里界隈はまるで塾の見本市です。個人塾からCMバンバンの大手まで一通りそろいます。悩みますね。ぜひ悩んでください。そして納得のいくまで体験をして本当にこの塾で頑張れると思えば、その時に入塾すればいいのです。

一度決めたら、親御さんは子供の成績に一喜一憂せず、ドン、と構えてください。成績が下がった、じゃあよそ探そう。では次の塾でも成績落ちたら?そもそも、成績が下がった→塾変えようのロジック、正しいですか?

もちろん中3になったら待ったなし。黙っていてもテストは来るわけで、時間はあまり残されていません。中3になってから塾を変えるのは、正直言って遅いくらいです。それでも。行き当たりバッタリの塾選びは危険だと思います。今どこかの塾に通っているなら、やめることを考えてすぐに塾を探すのではなく、塾の先生と面談する機会を作るべきだと私は考えます。それだけの投資はしてきているのですから当然の権利だと思います。また内部生の保護者の方には毎月塾生向けメルマガ配信でお伝えしてますが、24時間365日(いや、360日くらいかな)、どうぞ困った時は当教室にメールしてください。悩みを共有しましょう。



最後に自由塾七訓から。

『けじめをつけ、やる時はやる』






TOKYO JYUKU COLLECTION
自由塾町屋教室







最後までご愛読ありがとうございました。先着3名まで『ブログみた!』で、入塾金無料とさせていただきます。(〜9/30まで)





モデルはつらいよ
2016. 8. 18/町屋教室のブログ /


おっ!!!
チャリTシャツを着てきた塾生。ことばの学校のモデルもしているので、有名人です(笑)。




写真撮らせて〜。おや、おさるっぽくなってるぞい?
ママ『ナチュラル!ナチュラル!』




モデル塾生『ママ〜いい子にするから○○買ってくれる?』ゴニョゴニョ・・・・
マネージャー(ママ)『ゴニョゴニョ・・・』


撮影は順調に進みましたとさ。

ね〜先生まだ撮るの?
いや、君が動くからピンボケばっかりなんだよね・・・
もうつかれた〜〜


もうおしまいにして〜

すみません。
このTシャツのキモである、体を横断しているナンバーを上手く写真に収めたかったのですが、残念、無念。
ポツポツシャツを着てくる生徒いるのでみてくださいね。大人用もありますよ!


Tシャツまだまだありますのでお声がけください!

自由塾町屋教室


夏よ、まだ行かないで
2016. 8. 18/町屋教室のブログ /

残暑お見舞い申し上げます
毎日毎日暑いですね!まさに!T-shirtの季節(笑)!

あれから随分時間かかってしまいましたが、ようやくTシャツが完成しました。1枚につき500円のチャリティーTシャツです。


型番

Tシャツ小学低学年用

サイズ

120

120

ピンク

ライトブルー

サイズ

140

140

レッド

ロイヤルブルー

型番

Tシャツ小学中学年〜高学年用

サイズ

-

-

イエロー

メロン

型番

Tシャツ中学〜大人用

サイズ

ロイヤルブルー

ブラック

型番

Vネック中学〜大人用

サイズ

グレー

ホワイト


各サイズ・各色限定5枚です!また、作文遠足参加者はTシャツ料金含まれてましたので申し出てください!



価格は本体1080円、募金500円の1580円といたします。
宜しくお願いいたします!



ディスプレイしてあります!


自由塾町屋教室

私的メール
2016. 8. 12/町屋教室のブログ /

タイトルの通りです。
世界に目を向けた若武者たちへ。


UKに行ってるK講師!
カナダに行ってるK君!



大きくなって帰って来いよ〜!


手段としては間違っていると思います。
だって、塾のHP開けないと届かない
メッセージだから(笑)。


Hi, how have you been??
Heeey, Did you get my message??
yoshimo


A mechanical pencil or 'just' a pencil, that is the question.
2016. 8. 9/町屋教室のブログ /


こんにちは!町屋教室吉澤です。
[
今回は辛口のコメントでご了承ください。]
さてさて常々気になっていることがあります。「シャープペンは子供向きか」ということです。

《授業中あるある》
とある生徒「シャーシン(シャープペンの芯)がなくなった 誰かシャー芯ない??」と授業中、クラスみんなに問いかける。
テスト中、ボキボキ折れてまた出しての繰り返しでかなりのロスタイム。問題に集中出来ず。
芯がつまり授業中、テスト中などに分解し始める。当然授業は聞いてません。「これしか持ってないから」とずーっといじってます。


テストで「始め!」と言った瞬間から鉛筆の子は問題に集中出来ます。しかしシャープペンの子はそこから「カチャカチャ」と芯を出す作業があります。スタート時点から差が。「時間が足りなかった」「授業が良くわからない」という子は鉛筆ではない子が多い気がします。
受験やテストは時間との戦いです。私の持つ受験クラスはそういった経験から、「鉛筆にしましょう」という指示を出しております。
最低限シャープペン以外に鉛筆は必要です。その他、赤ペン(赤鉛筆)、じょうぎ、消しゴム。(全て記名済み)


今一度、塾の持ち物を御確認下さい。宜しくお願いします。


自由塾町屋教室
ソレガチトナリニクトナル
2016. 8. 1/町屋教室のブログ /


新しく始めたことを習慣付けるまでに21日間掛かる、と聞いたことがあります。禁煙も3が付く日を超えていけ(3日・3週間・3ヶ月・・・)なんていいますね。

理由は様々ですが、自由塾の門を叩くということは、勉強をして、今の自分から高みに行きたい、ということです。それが、もう少しで目標までいくのか、見上げるほどの高みなのかは別として、まずは第一歩、踏み出すわけです。

勉強が楽しくて仕方ないなんて、大多数からみたらやっぱりレアなケースなわけで。単語覚えたり、なんてやっぱり地味ですものね。

私の趣味にジョギングがありますが、走っていて急に自分の呼吸しか聞こえなくなる瞬間があります。ギュギュギュッと視野が狭くなるような、でもサーッと目の前が開けて180度見渡せるような、不思議な感覚。もしかしたらその瞬間がまた味わいたくて走っているのかもしれません。毎日朝から晩まで仕事をしていると、時々バ――――ッと走りたくなります。

でもこの頃走ってません。な〜んか億劫なんです(笑)。以前は毎朝10キロ走っていたのに、最初の一歩が中々でない。たとえそれが走り出したら楽しいとわかっていても。おかげで加速度的にメタボです(笑)。最初の一歩。これ、結構大切なんです。勉強に似ているかも。

初めてのフルマラソン挑戦は今から5年以上前になります。初挑戦の割に結果はサブ4!3時間46分と、なかなかいい結果を出しました。わかる人にはわかる数字なんですよ?(笑)(初心者ランナーは、42.195キロを6時間以内完走のサブ6からサブ5、サブ4なんて言います)でもそれ以降オーバーワークがたたって半月板損傷しちゃってからはレースから遠ざかっています。それでも毎年、思い出の東京マラソンには応募しています。毎年抽選落ちますが。東京マラソン2017は8月から募集開始になります。さて、今年は引っかかるか・・・


・・・

閑話休題。


勉強を習慣付けるために。まずは3週間、楽なルールを決めてみよう。そのルールをあまりにも厳しくしちゃうと昨日の自分にウソつかないといけなくなる(お腹痛い・お母さんが宿題かくした・すてた・たべた etc, etc.)から。
今までやってなかった自分が、このくらいならできると思う事をやってみよう。



例えば、『1日1教科10分必ず宿題する』と設定すれば1週間で1時間以上、各教科に時間を割けますよね。それくらい、やってるわ!(やってなければやれ)という生徒は、要は習慣がついている、つまり勉強の仕方、能率よく仕事する事が解ってる・経験している・元から備わっている子(たまにいます)です。そうしたら、今度は『1日1教科10分必ず宿題以外の勉強する』ってしてみたら、どう?

3週間前の自分に勝つチャンス!夏の間に習慣付いたら、ヘイ、成績UP間違いないじゃん!


最初から辛いルールは長続きしない。初日に出来ると
 
思ったことをまずは3週間続けてみる。



人生は試行錯誤。青春は賞味期限付きだから、どうぞ美味しく召し上がれ。




炎のランナーよしも


『きづき』と雑音
2016. 7. 28/町屋教室のブログ /

こんにちは。ようやく梅雨も明け、これからギラギラとした夏がやってきます。町屋教室は来週より1ヶ月の夏期・追加講習。充実した夏を過ごしましょう。



普段の授業風景。わたしは子供たちによく言うことがあります。たとえばそれは、
『俺も、パパもママも試験会場机の隣まではついていけないんだよ?』 とか、
『すぐ手を挙げて答え言うけど、本番はセカンドチャンスないぜ?』 
『どうせ来たのだから、勉強すれば?』
『変わるのは塾じゃないよ?自分だよ?今やらないことを塾のせいにするなよ?』
など。子供だけでなく、時には
親御さんにも
 

わたしは毎日毎日、そんなことをガーガー言います。


当塾では必ず各教室責任者との面談をしてから体験をするようにしています。色々な話をして気の合いそうな『師』をあてがい、『師弟関係』のようなタッグをきちんと組めるか、等わたし自身にも思案するワンクッションがほしいからです。

保護者の方との面談では、当教室体験志望動機や通塾経験等もお伺いします。その時になぜ転塾すると決めたのかも。




『息子(娘)がやる気にならないから・・・』   
う〜ん。どこでなにをやろうと、やる気を出すのお子さんですよ?

『うちの子、勉強嫌がって・・・』   
嫌な課題、これからもやらせますよ?もっと嫌になりませんか?
 
『友達の紹介で・・・』   
あの、仲良しクラブではないので。仲のいい友達と同じクラスには絶対しませんよ?月謝もらっているのにアレですが、うちでは【他の生徒に迷惑を掛ける者の即退場や何度も宿題忘れる者は一度かえって宿題やってくる】、等ペナルティありますよ?

『看板見て・・・』
ああ、はい。当教室のクラス、ご説明いたします(笑)
  



etc etc....

面談に来る親御さんが驚かれるような事も言います。ときに他の塾がよいと思えばそう言うし、よその塾と比べたほうが良いとも言います。いろいろな塾を渡り歩いて上手くいけば2ヶ月位、無料体験で行けますよ、とか(笑)  あまりにもわたしが営業営業していないので、食いつく親御さんか、愛想笑いで早々にお帰りになる親御さんか、どちらかです(笑)  でもいいのです。私も授業の準備あるし、親御さんにとっても合う、合わないはあるでしょうから。何より、つまらない顔して登校してくる生徒より、自分にあった塾でできるだけ楽しく学んでほしい。当塾の塾是は“いきいきと学ぼう”です。(その他七訓あり。)色んな塾があっていい、とおもいませんか?

当塾には納得してもらってから入塾というプロセスを踏むのであまり途中退塾者はいません。小学生が中学生になり、高校生が卒業してからも講師として戻って来て、結婚式に恩師としてよんだり、自分の子供を何年か後に自由塾に入れたり。本当の一貫教育です。一緒に泣き笑いする塾です。だから当塾では親御さんとの面談・日々のメール・連絡帳のやり取りも大変です。それは、『
おなじこどもをみんなで見る』ために、だからです。

・・・

学生注目。大変なことはわかってるんだよ。こちとら経てきているからね。そして大人になれば『大変とはどう読むか』を経験として知るんだよ。君たちがそんな経験を経る前にわかろうとするならば当然、それ相応の覚悟をしなければならない、と早く気付いてほしい。
聞きたくない者にとっての『雑音』は、聞いた者には将来大きく変わるため大切な助言なのだから。



だからわたしは今日も、きっと明日も昨日と変わらず、ガーガー言います。



そのうえで、つまらない人間にはなってほしくないなあ、と何色にも染まっていないかれらにいろいろな夢をみるのです。






自由塾町屋教室




お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.