ブログ
4対1個別指導のメリットとデメリット
2018. 3. 12/町屋教室のブログ /


もしも初めて当教室のブログをご覧になっていて1対1の超個別指導をご検討でしたら、どうぞそういう学習塾をお探しください。町屋地区〜西日暮里地区、かなりあると思います。自由塾町屋教室ではマンツーマンは英会話(英語授業ではなく、所謂外国人講師との英会話:現在キャンセル待ち)のみ。基本的にすべてのコースは生徒3・4名につき講師一人の授業スタイルとなります。

今日のコラムでは、なぜ自由塾町屋教室のチュートリアル授業が4対1の寺子屋式個別指導を行っているかをご説明いたします。

まず当教室では、あまり教え込みません。教えますけど、教えない。なんだこりゃ。フム。チュートリアルクラスでは学校の進捗を口頭確認後、そのちょっと先の単元の解き方を一からしっかり解説します。(子供の習ってない!を防ぐため、そしてわかっているようならアウトプットを兼ねて説明してもらう)それからの反復練習こそが勉強だと、生徒達には何度もつたえます。やるのは自分だ、と。自由塾は先取り学習・自習・宿題塾ですから(笑)、一度習ったその学習の反復をどのようにするかを重視して指導するよう、講師達には指示しています。

だから我々は、TeachingよりもCoachingを大切にしています。自由塾は励まし褒めることで生徒の自主性を育み、やる気を伸ばすことに特化した塾です。どんな塾ですか?と聞かれて答を持っていない学習塾は、危ないですよ。面談に行かれる際はどうぞ聞いてみてくださいね。

自由塾町屋教室はクラス編成も原則同校禁止(例外アリ)・別学年・無教科でそろえたとしても文系理系くらいの分別で、基本的には隣の子のテキスト見たってなんの意味もないようになっています(笑)。

伸びる子は勉強だけでなく、価値観まで変わります。

●出来なかった挨拶が出来るようになった。
●主体的に行動し、物事を考えられるようになった。
●いつの間にか声掛けしなくても宿題/自習をするようになった。

・・・保護者様から我が子の変化に驚いた、とのお声を本当に沢山いただきます。ただ、そうなるまでは、本当に大変な努力があるのです。私達ではなく、彼等、ひとりひとりの。我々講師は、彼等が解いている問題を難なく解きます。難なく解けない難しい問題も、なんとか解きます(笑)。ですから、どうすれば【自分が】先生と同じように解けるようになるのか、を子供達には自分でかんがえ、そしてその答えは反復練習しかないのだ、という事に気付いてほしいのです。

先日。いつものように体験受講前面談中をしていると一人、二人と自習生が入ってきました。面談している時間は授業開始時間の1時間以上も前です。体験生のおかあさんは驚きながら、『いいですね、ああやって自分から自習室にくる子たちは。うちの子はああいうタイプじゃないので・・・』とおっしゃるので、一人は去年一度も自習室使わなかったが今日などは塾で授業がないのに来ている事、もう一人は最初塾には来たくないと地団駄踏んでるような子だったことを教えてあげました。タイプは変わりますよ、と。

自由塾町屋教室の自習室。最初からに現在のように塾生が通うようになったのではありません。強要したってしない子はしないから。今自習室に来るこたちは先輩が、ライバルが自習するのを見聞きしてそうして影響しあって共に成長してきたのです。また、基本的にうるさい生徒はブラボー先生につまみ出されるので、遊ぶために残っている子はいません。休み時間はワーキャー言うとりますが(笑)。

さて。4対1の個別指導でのデメリットもあると思います。かくさずにそのこともお伝えしますね。4対1のデメリット。それは、子供がその気にならないと伸びないということです。ただ、これは4対1でなくてもやる気のない子は伸びません。しかし4対1の性質上、講師の目を盗むことは1対1より容易いでしょう。

1対1、1対2の個別式学習塾が周りには本当に多くあります。こういった個別指導に私は良し悪しあると考えています。超少人数個別は、やる気のある子以外はまず例外なく、その講師に依存します。一週間のうちの限られた時間でしか勉強できなくなってしまうのです。サボることはできませんが、大切な自己研鑽の機会がなくそだちます。もしくはその危険性がある、と思います。その子の本質を見抜くことが出来るか。講師の質が悪ければ、答えを聞き出す【作業】をする子が出来上がる事でしょう。教えたがりの講師と聞きたがりの生徒。綺麗なノートと〇だらけのワークを見てお互い満足。多額の月謝と引き換えに。それで成績もあがればいう事ない、と仰る方もいるでしょう。そういう方はお伝えした通り、どうぞ。でも、私はおんぶにだっこで勉強なんか教えたくない、という事です。

どの学習塾にも一長一短あるでしょう。ですから、自由塾町屋教室では一か月丁寧に体験してほしいと伝えています。我々が寺子屋と謳っているのは、何も正座して授業を受けるからというわけでありません。親からの強制ではなく自らの意思で勉強に通うその姿勢からつけています。

もちろん、一斉授業のゼミナールスタイルの講座や、解説に時間が掛かる高校難関突破コースなど、もっと人数を抑えたクラスもございますので、ここまで読まれて気になるようでしたら、一度一ヶ月無料体験をご利用くださいね。

結局、宣伝です(笑)。



大体大変な思いをしなけりゃ
“大きく““変わる”わけがない
自由塾町屋教室
ブラボー先生®

 
都立白鷗高校付属中学校説明会・私立駒込中学高等学校説明会@自由塾町屋教室
2018. 3. 5/町屋教室のブログ /

3月3日、毎年恒例となりました新年度の入試説明会を行いました。今年は都立白鷗中高一貫校より善本校長先生、私立駒込中学高等学校より角田教頭先生、上妻先生をお招きしました。善本校長先生は町屋教室にいらっしゃるのはこれで二度目。どうもありがとうございます。

受験学年限定で募集、その後若干追加募集を掛けるとほとんどの説明会がすぐに埋まる盛況ぶり。各クラスとも15名以上の参加で実に延べ80名あまりの保護者に参加してい頂きました。参加者いなければHP上で募集しようかしらんと思っていましたが、全然空きがありませんでした。年々人数も増え、こうして注目していただけている説明会。入試直前の極限のなか企画・立案・スケジュール管理をするので準備は本当に大変ですが、熱心な保護者の方に来ていただけるとあって、とてもやりがいのある、充実した会になりました。この日はロボットプログラミング、ことばの学校は通常通り授業もありましたので、窮屈な中来塾していただいた保護者の皆様ほんとうにありがとうございました。


今回の説明会は全部で五講座。非常にボリュームがあり、毎回保護者の入れ替えがあるほどでした。狭い教室なので・・・

①    教務主任吉澤・専任講師荒川による私立・都立中学入試説明会。2月入試塾生の合格実績や勉強の進め方・日本教材出版様からの資料・最新私立中・都立中データなどをお配りしました。また、受検を終えたばかりの塾生にスピーチをしてもらい、塾生側からみた受検体験をお話ししてもらいました。


講師は教務主任吉澤。私立中受験・都立中受検の双方からお話ししました。


都立中高一貫校を受検し終えたばかりの受検生のスピーチ。

この春から専任講師となる荒川からも理数系の勉強の仕方の話がありました。

②    地元の私立駒込中学高等学校からは角田教頭先生、企画広報室から上妻先生がおいでになり私立中学・高校の説明会をしていただきました。学校の魅力やつい先日に行われたばかりの入試問題などを持ってきていただきました。

当日は駒込高等学校の卒業式。お忙しい中本当にありがとうございました。

③    毎年高倍率の都立白鷗高校・付属中学の善本校長先生の学校説明会。話題となった適性検査Ⅲの導入、その意図や求める生徒像などをお話しになられました。

2年前に引き続き快く引き受けていただいた善本校長先生。ありがとうございました。

④    ブラボー先生をモデレーターに、善本校長、上妻先生には残って頂き、トークセッション。予め募集しておいた質問をぶつけてみました。また、教室からも質問が。とても有意義な回になりましたね。

お二人ともにお子様を育てた経験がおありとのことで、母親目線からの回答もありました。

⑤    都立高校受験セミナー。一番人数少なかったですが(笑)、皆さんにスマホの計算機でお子様の内申点をだし、具体的な合格基準点から志望校選定の仕方などをガイダンスしました。新教育研究会様から受験資料をいただいたので配布しました。ご協力ありがとうございました。



緊張するならいっそのこと授業にしてしまえ、と発想の転換したらまあ何とかなりました(笑)

意外に思われるかもしれませんが、実は私は人前にでるのが大っ嫌い。赤面症の多汗症。ただ、子供達と勉強しているときはなぜか違う回路なのか、堂々と授業ができます。毎年企画をしておきながらものすごくドキドキしながら登壇していますが、やってよかったなと思います。塾生保護者の方に有意義な情報を教えていただいた各学校の先生方、本当にありがとうございました。長い一日でした。またこれから一年がはじまります。




自由塾町屋教室
ブラボー先生®
【文章読解が苦手な子】未就学児~中学・高校受験まで、自由塾の答え
2018. 2. 26/町屋教室のブログ /

【文章読解が苦手な子】

さてさて本日は、教務主任・吉澤が文章読解についてお話致します。講師歴十年以上ですが、いつの時代でも「うちの子、文章問題が苦手なんです」という相談が絶えません。更に「読書は好きなのに国語が出来ません」という生徒も少なくないのです。本が好きだと国語を得意とするイメージですよね?しかし読解問題になると途端に出来なくなる……


なぜでしょうか?

実は読書と文章問題は違うのです。どうしてなのか、私の経験による見地から少しずつ、御伝えしていきますね。

読解が出来ないタイプにも実は色々あります。そしてその中の一つは、きちんと読んでいない、いわゆる「虫食い読み」をしちゃう子です。一番多いのはこのタイプかと思います。こういう子はとにかく丁寧に目で追う習慣を身に着けないとなりません。ことばの意味を確認しながら、しっかりと読むことです。語彙力が少ないから、意味がわからなくて虫食いになってしまうことも考えられます。ですからそこも語彙力増を目指していかないとです。

さて、問題はそれが出来ているのに文章読解が出来ない子ですね。

子供は生まれた時から、自分を中心に物事を把握していきます。自分から見て一番近い存在が、親、兄弟、家族と言った風に。生きてきた世界も経験も少ないので、世界の中心や基準が「自分」であります。つまり、全ての物事を自分からの距離や自分から見た「主観」で把握していく訳です。そしてその世界を広げる延長として読書があります。読書は自分の世界観で読めるので、理解も「主観」で構わないのです。

ところが読解問題は、その真逆である「客観」が要求されます。つまり「みんながそう考えるよね、それが答えだよね」という大多数の大人の感覚が要求されていきます。今まで自分の感覚で把握してきたのに、自分とは異なる他人の感覚がいきなり要求されてくるのです。だから戸惑ってしまうし、記号も合わない(正解しない)のです。

そこで、考え方やとらえかたを「主観から客観に移行する」作業が必要となってきます。これは視点を変えていく作業なので、時間がかかります。

「1回授業を聞いたからわかる」という訳ではもちろんありません。数をこなさなければなりませんし、手ほどきが必要な作業なのです。だから「子供時代、国語のテストは苦手でした」という作家さんが多いのも頷けます。作品は独創的でないとなりませんから。国語の模試の偏差値が安定しない子は、文章内容によって主観が出てしまっている訳ですからこのタイプと言えます。

では、どうするべきか。

こちらは長くなりますので、そのうちまたお話の続きを致しますね。本日はこの辺で‼ (^-^)/



自由塾町屋教室

教務主任吉澤








自由塾町屋教室満足度調査結果公表②ご要望編
2018. 2. 17/町屋教室のブログ /

前回に引き続き、今回も自由塾をご紹介するために塾生保護者にご協力いただいた自由塾町屋教室満足度調査の結果発表。今回は改善要望を募った、怒涛の後半戦。こちらも全編ノーカット、良い所だけでなく、改善要望もぜ〜んぶだします。では、どうぞ汗。








・・・いかがでしたか?改善要望に“特になし”が続けばよかったのですが(笑)。塾生全員に満足な学習環境を作るべくこれからも頑張ってまいります。実は今、自身に『週1本ブログ・週1本メルマガ配信・月100本保護者と新規メール』を課しています。その日その日の教務日誌から気になった生徒をできるだけランダムに親御さんにメールで連絡。それは、講師が教務日誌内で褒めていた事だったり、何か元気が無かったり、大きな声で挨拶ができるようになったり、まあそういった塾での様子です。でも、アンケートを見る限り、まだまだ足りないみたいですね、これは課題としてなにができるか考えてまいります。

去年に大幅な教室内ネットワークの改善を図り、教務日誌や代講連絡等は全てオンラインでできるように構築しました。結果、私達はどこにいても生徒の授業進捗や態度・宿題提出有無や出来などが把握できるようになりました。これから社員を抱えるとはいえ、まだまだ学生講師のいる自由塾。代講の先生ももちろん研修を経てきたわけですが、やはり事前情報があったほうがやりやすいですね。我々は生徒との距離と・生徒の自主性を大切にしているのでどんな生徒か、が重要です。代講が決まってから講師も、自宅にいながら対象生徒の情報・所感をさかのぼり引き出せるデータベースは便利です。対して、そうした子供達の情報は1年に3回ほど保護者面談でご紹介していますが、保護者には月に1度くらいレポートをださないといけないのかなと考えました。改善案考えますのでもう少しお時間ください。

季節講習の申込書がわかりづらい。はい、今度の春講習申込書にご期待ください(笑)! 教室が狭い・椅子がうるさい。もうちょっと頑張って改善できるようにせねば!



イートインコーナー・・・。はい、がんばります(笑)



赤面症なのでTVは無理。
自由塾町屋教室
ブラボー先生®






自由塾町屋教室満足度調査結果公表
2018. 2. 12/町屋教室のブログ /

学習塾は3月を新年度と位置付けているところが多いと思います。2月に中学・高校・大学と受験が決まりますから。自由塾も現在、3月から始まる新年度塾生を募集しております。塾の講師が一年で一番忙しい受験の時期に同時進行で新年度の事も考えなくてはならないのですから、この時期は頭がパンパンです。

さて。何もしらない保護者にどのようにして自塾のアピールをすればよいか。我々は大手塾の様に潤沢な広告資金を持たない中小塾です。常日頃子供達に教えている通り、我々も問題を前にしたらまず考えて、策をねります。

・・・。

!そうだ!

と、いうわけで、塾に実際に入会していただいた元・塾探しの保護者(つまり現・塾生の保護者)に、色々と聞いてみることにしました。現在140強の塾生、およそ90家族(現役最多兄弟は4兄弟です!)が通う自由塾町屋教室。今回、保護者の皆さんにインターネットでのアンケートに協力していただきました。回答数68/90・75%の回答率。全てご覧にいただきます!


有効回答をしていただいた保護者の数になりますので、塾生実数ではありません。以下、塾の評価部分をされた保護者の分布とお考えください。

自由塾を知るのはやはりクチコミが圧倒的に多いみたいですね。ホームページとチラシが同数に。これは頑張ってブログを上げているのが少しずつ認知されて来たのかなと、良い風に解釈します(笑)
交番がすぐ近くにあるという立地条件を上げていただいた保護者もチラホラ。塾には登下校の際のお知らせメールを実装しておりますが、やはり下校時は心配ですからね。都電荒川線線路沿いにある自由塾は、見通しもよく、夜間も明るいです。



決め手は色々ありますが、全ての塾生に共通していることは、【塾の雰囲気・教育方針】ですね。かならず体験前保護者面談・体験授業のプロセスを経てから入塾を検討してもらうようにしています。大体一ヶ月ほど自由塾で内部生と一緒に体験してもらいますが、扱いは塾生のそれと同じ。宿題も毎回でます。



実に半数以上の保護者が気になるのは都立高校情報という結果に。自由塾受験生内訳は中学受験・高校受験共におよそ8:2で都立です。ですが中学進学は都立私立真っ二つにわかれました、これは意外。年に3回ほど行う保護者相談会では都立中高一貫校対策の保護者にも都立型のテストを採用している私立中学校の情報などもお伝えしています。実際に思考型受験をしている私立中学に面談して志望校を都立中高一貫校から私立に変えた生徒もいます。受験情報・特にデータ関連は東京私塾協同組合に加盟している自由塾が地域最速目指して保護者と共有しています!またここ何年かは中学校高校の先生や校長先生をお招きしての保護者入試説明会も開催。今年は3月に都立中高一貫校・私立中高一貫校から各一校づつお招きする予定です!

さてココからは、塾生の保護者に聞いた、自由塾町屋教室の良い所編です。全編ノーカットでお送りします!必須質問ですので長いですが、どうぞ!










いかがでしたでしょうか?塾生のご家庭は自由塾の教育方針などに共感しているいわば“ファン”ですから、良い所をあげていただくとこ〜んなに魅力的な塾の紹介になりますね(笑)! で、実はアンケートはその先もあって、次回はその禁断の質問の回答をご紹介します。




後編へ、つづく。
自由塾町屋教室
ブラボー先生®



町屋教室のコース案内を一部加筆・リニューアルしました!
2018. 2. 5/町屋教室のブログ /

自由塾のホームページから町屋教室のページに入ると、町屋教室のスケジュールと、最新のブログなどが確認できます。じつはこのページの下の方に、町屋教室各コースの紹介もしています。入塾されるとメルマガ配信でHPからのスケジュールチェックを促されますが、コースについては塾に入る際に見たッきりという方が大半でしょう。

 

2月より内部生向けに進級進学に伴う1ヶ月体験授業を行います。塾業界は通常、3月を新年度として先取り授業をはじめますから、スタートダッシュを切る前に、『そもそも気になってたこの授業って実際どうなの?この子がどう変わるの?』という疑問にお答えするべくコースの紹介をしています。その際、各コース隣にブログのアーカイブをリンクしていますので、実際のコースの様子ですとか、コース開講に至った狙い・指導方針などをご覧になれるようにしています。

 

受験が終わった生徒はコースを変えなくてはなりませんし、また、新小4・新中3年は受験勉強に伴い体験してみたいコース、そしてこれから塾生になる方にもわかりやすいよう、コース毎に紹介ブログを書き足しましたので、どうぞご参考にしてください。

 

 

各コース紹介ブログはこちらからどうぞ(リンク先へジャンプします)

【ことばの学校】

【小学英語】

【ラビットコース】

【思考表現コース】

【チュートリアル(小学部・中学部)】

【都立中高一貫校対策】

【私立中学受験対策】

【自由塾名物・定期試験対策週間】

【英語プラス・4技能コース】

【理社プラス・映像授業コース】

【私立都立高校“難関突破”コース】

 

体験授業はお電話 5855-1019(じゆうじゅく)

またはメールmachiya@jiyujyuku.comで承ります。

 

・・・

自由塾町屋教室での体験期間はおよそ1ヶ月〜、納得いくまで。ですが、 『ここでならできる。』が口からでるまで入塾はお断りです。


いきいきと学ぼう!

自由塾町屋教室

ブラボー先生®



マイルストーン
2018. 1. 29/町屋教室のブログ /

1月最終週。自由塾の小6と中3の塾生達にとって、いよいよ受験シーズン本番が近づいてきました。受験の在り方や、志望校に入った後の学習、所謂燃え尽き症候群など色々考え方や意見があるとは思いますが、入学試験そのものの意義などに関してはいったん脇に置きましょう。お父さん、お母さんが決めた受験なのか、自分が行きたいとおもった志望校なのかも今は論じません。

 

いままでこの日の為に、どれだけ準備をしてきたのか。入学試験(または適正検査)は、彼等の『その学校に行きたい!』という気持ちをぶつけるテストです。そして、どの学校にも定員があって、その数以上の志望者がいれば関門になるわけです。全員が門をくぐれるわけでは、ない。

 

いつも思います。わたしは彼等になんていって送り出してあげれば良いのだろう?、と。でも結局、言う事は毎年同じ。

 

“塾でやったように、落ち着いて頑張れ。”

 

逆に、塾で過去問を解かせるとき、模試に向かうときには彼等にこのようにアドバイスしていました。

 

“本番だと思ってやれ、もう一度はないぞ。”

 

授業中だとどうしても、問題を速く解いてしまったら、もうその問題に見向きもしないで次の問題に行きがちな子供が多いです。でも、もしもその問題が合格不合格をわける、大切な1問だとしてら?うっかりミスは、問題を把握しているからおまけで丸にはなりません。〇は〇で、✖は✖。普段から【意識】している子供といない子供には、問題の解き方一つでも差が出てきます。で、しつこく私達は声掛けをしています。

 

普段以上の力を本番に期待するのは危険です。そして本番で、できるだけいつもと同じパフォーマンスを発揮できるかどうかは、普段からどの位準備してきたかにかかってくるでしょう。テスト当日を何回イメトレしてきたかも重要だとおもいます。が、どれだけ想像しても、本番独特のあの空気感は想像をはるかに超えることでしょう。お父さん、お母さんも何かしら受験経験があるはずです。経験したことをもとに想像することはしてない時より容易でしょう。想像つかない未来。実際に行われることは当然、自分が思っていた事とは違うはずです。

 

 

どれだけ頑張ってきたか。私はみんなの頑張りを見てきたので、全員が思った通りの未来へ歩いてほしいと願っています。でも、やり直しは効かないので、悔いの残らないよう、持てる力を全て発揮してもらいたいですね。1/22・23は私立高校推薦試験。1/26・27は都立高校推薦試験。2/1からいよいよ一般受験スタートです。


 

 

だからいつも、頑張れ

と言って送り出します。

頑張れ、頑張れ、頑張れ。

 

ここからエールを。

自由塾町屋教室

ブラボー先生®



 

都立高校推薦試対策験練習会④【集団討論練習会・3回戦】
2018. 1. 22/町屋教室のブログ /

いよいよ今週は都立高校の推薦試験です。自由塾は例年大体8割の生徒が都立高校にチャレンジします。内申対策をしっかりしますので、途中から単願で私立に行く生徒も指導しています。で、私は推薦試験は出来れば受けるように指導しています。都立の推薦試験はとても高倍率。椅子は限られています。でも私は、出来るだけのことはしてあげたいと思っています。幸い私は一人ではなく、私塾協同組合で理事をしていますから色々な先生たちと研究をする機会に多く恵まれています。自分の時間は削らないとなりませんが(笑)、色々と有益な情報を子供達にフィードバックできたらな、と毎日汗かいております。

 

ま、宣伝はこれくらいにして(笑)、11月の定期試験が終わるタイミングで自由塾では高校入試直前講座として土曜日に入試特訓を行っています。実は年度末の土曜日は、一番教室稼働率が高いです。私も個別で授業を引き受けたりしていますし、自習生も来ますから、なかなか自転車整理がたいへんです(笑)。

 

私の授業が終わるのと、都立中高一貫校対策受験特訓吉澤・高校受験特訓荒川の終わる時間が一緒なので、両講師に残ってもらい、先週の土曜日は推薦試験集団討論練習会3回戦及び2回戦の映像を皆で見直し、最終確認を行いました。せっかく講師が三人いるという事で組合の副理事長にお願いし、予想問題も作って頂きました。(副理事長は数年前、予想問題がまんま的中するという神がかり的逸話を持つ先生です)

 

最終回なので、いくつか作って頂いた練習問題から一番難しいだろうと私が思った“リーダーとはなにか”について討論してもらいました。難しい題に、最初あまり意見が出にくかったみたいですが、徐々にいままでの練習の成果を発揮、とても見ごたえある討論となったと思います。


 本番直前なので皆マスクしています。

最後は先週組合東支部での練習会の動画を見ながら反省会。

組合友人先生、岩﨑先生に作成してもらった動画を見て勉強。ありがとうございました。

 

 

さあ。準備はできた。ここまで対策しているのは我々だけだ、と胸をはって、しっかりアピールしてこい!きみたちは、学校の先生が『来てもらいたい』と思う、素晴らしい生徒ばかりなのだから。

 

 

 

言う事はいつも一緒。

がんばれ、がんばれ。

自由塾町屋教室

ブラボー先生®

都立高校推薦試験対策練習会③【集団討論練習会・2回戦】
2018. 1. 15/町屋教室のブログ /

年末、東京私塾協同組合が主催する、都立高校推薦受験の生徒を対象にした『都立推薦対策練習会』に参加してきました。私は毎年実行委員で、自塾を含めた色々な生徒の推薦試験の取り組みを論文・集団討論両面から見てきました。

 

1月14日は組合の東支部が主催する集団討論練習会2回戦。今回は受験生全員から映像撮影の許諾を得ているので練習後に振り返り学習で何度もチェックができますね。また、個人的にも今回は一会場開催だったので(組合主催は受験生が大変多く、会場を7グループに分けたので、ほとんど自塾生を見ることができませんでした)自由塾生全ての討論の様子を見ることができました。

 

さて今回の会場は東大島にある【城東ボーイズ学習ルーム】です。こちらは友人塾長で同じ東京私塾協同組合の理事塾でもある、大島栄伸塾が学習指導を監修している城東ボーイズという野球チームの室内練習場でもあります。卒業生には埼玉西武ライオンズドラフト一位の齋藤投手も!こちらの学習ルームをお借りしての大島栄伸塾・セルモ目黒本教室・セルモ松陰神社前教室・我々自由塾の4塾による集団討論の2回戦です。

 

今回の受験生は皆、すでに中学校や、年末の練習会で何度か『討論とはなにか』をきちんと理解したうえで練習会に臨んでいます。ですから今回は、前回で学んだ反省点が改善されるかのチェックも必要です。的外れな意見や、気恥ずかしさからくる沈黙。また、“討論”ということばの意味に惑わされないように議論を進めていかなければなりません。そのことをきちんと理解できているか、という事をこの2回戦で確認していきます。リーダーシップを発揮して他者の意見を聞き、結論まで行けるか。最も大切なことは(試験官が見ていることは)結果だけでは(もちろん結論まで行くことも大切なのですが)なく、プロセス、という事。これを勘違いしないで討論しないといけません。今できないことは、緊張する本番ではますます何もできないでしょう。ブラボー先生がいるから恥ずかしい!なんて言ってる場合じゃあないのです!

今回は我々四塾の塾長・教室長のトークセッションで集団討論NG集・注意事項を生徒に伝授してから練習を始めました。今回はシャッフルして各生徒2回練習することが出来ました。また、1回目・2回目の間に長めの講評時間を取り、生徒からの質問タイムも設けました。かなり突っ込んだ、実践的な指導ができたと思います。おかげでどの生徒も1回目に指摘された問題点をクリアできましたね。

 


私塾協同組合理事で東部ブロック長・大島栄伸塾塾長の飯塚評定員。



 セルモ目黒本教室教室長・岩崎評定員。親しみやすい語り口で生徒にアドバイスいただきました。


合格してほしいからこそあえて厳しく指導していただいた、セルモ松陰神社前教室副教室長・中村コータ先生。


自塾では珍しい、スーツ姿のブラボー先生(笑)


みんな良い笑顔。全員この練習会での成長がみられました。本当にやってよかった、と思える練習会でした!


自由塾からの参加が若干多かったので、グループ内には知ってる顔もいましたね。でも、きちんと練習ができたと思います。こんなに濃密で何度も練習できる機会はそうそうありません。それをやり遂げた皆さんはもっともっと自信をもっていいと思います!来週にはいよいよ本番。高い倍率を推薦試験で勝ち抜くのはとても大変。ですから推薦が通らなくても、【ダメでも次がある】というくらいのモチベーションでいましょう。そしていよいよこれから長い戦いがはじまります。

 

我々は挑戦者。努力すればきっといい結果がついてくる、と信じて。

 

 

 

春はもうすぐ。

がんばれ、がんばれ。

自由塾町屋教室

ブラボー先生®



POP EYE
2018. 1. 10/町屋教室のブログ /

と、いえばホウレンソウ。そう、ポパイってポップな目をしたセーラーマンの事なんですよ、ご存知でしたか?と初っ端から大脱線してしましました。この3日間は冬期休校。ですが、私は今日も塾にきました泣。で、仕事の前に、ブログ更新。

 

冬期講習お疲れ様でした。何事もなく済めば良かったのですが、この時期おなじみのインフルエンザが猛威を振るい、生徒・講師ともにダウン続出。授業当日、直前での病欠学生講師が何人かいました。・・・はってでも塾に来る気概のあるド根性講師は最早絶滅種です。まあでも、よく考えたらそんな状態で塾に来て、病原菌まき散らされても、大切な時期の子供達が30名近くもいる塾内。それはそれでヒンシュクモノですけど(笑)。

 

ふむ。病気になった講師に罪はない、多分。対策していてもなってしまうのが流行り風邪。こう言っている私だって明日には発熱するかもしれないから。だから、それは置いておいて。申し訳ないのは私にではなくて、講師を頼りに勉強にきている子供たちなのだよ、という有難いお説教(で、それが病気でも来い、とのパワハラ発言と勘違いされないように気をつけつつ、)はのちほど彼らにするとして。まあでも仕方ないのですけどね。インフルエンザは。今年の都立高校でも救済案がでましたね。

 

・・・

 

昨年末。東京私塾協同組合の理事として、埼玉の私塾組合の忘年会に参加してきました。その時にお知り合いになった塾長先生が先日、『ホウレンソウ』についてのお話しをFacebookに投稿されていました。報告・連絡・相談は上司が部下を叱咤・指導するための言葉ではなくむしろ逆で、部下が自らするような、そんな職場環境を上司が作り上げなければならない、というお話し。

 

!!!

 

 

・・・彼等がなぜ病欠する前日、ちょっと調子わるいなと感じたそのときに私に声かけてくれなかったのか。

 

 

・・・!そうか、変わらなきゃいけないのは、私の方だったのか。講師が気兼ねなく相談してくれる環境を整備する事。講師発信で授業を生徒に提案する事。これこそが活きた授業というものでしょう?反省し、改善しよう、と思いました。

 

さて、それはご家庭にも当てはまるのかなと思いましたがいかがでしょう。ホウレンソウの考え方ってけして上司部下だけの関係だけではないのかも?

 

 

皆さんのご家庭ではきちんとお子様とおはなしあう時間つくれていますか?その時に話し始めるのはどちら?いつでも思い立ったらその日のうちに環境をきちんと整備して実践してみましょう。なんでも話し合えるっていいですよね。

 

はて。でもそんな環境って、どのように作ればいいのでしょうか?

・・・今回は問いかけて終えてみました。

 

 

 

朝から同じテンションで

大声で挨拶すると家族に

嫌な顔をされる泣

自由塾町屋教室


お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.