ブログ
【第六回ニュース作文コンクール】東京大会結果発表!
2018. 11. 5/町屋教室のブログ /

自由塾各教室は、朝日学生新聞社主催のニュース作文コンクールに毎年参加しています。町屋教室は参加を始めてから3年連続で入選者をだしております。今回、第二峡田小6年鳴坂翼くんが優秀賞、第九中学3年宮山貴弘くんが秀作賞をそれぞれ受賞しました。

ふたりから受賞メッセージと、担当講師吉澤から講評をもらってきましたのでご覧ください。
小学部優秀賞受賞・鳴坂君
Q 今の気持ちは?
A うれしいです。・・・ですが、最優秀賞をとれなかったのは悔しいです。全国大会では最優秀を目指したいです。
Q どのクラスが今回の受賞につながった?
A 都立中高一貫校コースの適性検査Ⅰ対策クラスです。
Q 次回、コンクールを目指す生徒になにかアドバイスを
A 記事は書きやすいものをえらぶこと。そしてやるからには最優秀賞をめざしてください。



鳴坂君プロフィール
ナルサカツバサ 
荒川区立第二峡田小6年
小学校3年生より自由塾生。
都立中高一貫校対策コース
小学英語コース 
ことばの学校在籍中。
趣味:野球/特技:水泳ピアノ

【担任の目】
▶講評

翼君は、いつもしっかりとした丁寧な字を書きます。字に配慮が出来る子は文にも配慮が出来ます。『虐待』という難しい社会問題に切り込み、良く調べて、見事にまとめてくれました。

▶翼君について

頭の回転が早い翼君。作文も問題提起の直後には結論と言った作文がラビット時代の始まりでしたね。でも諦めないし、添削は必ず次に生かしていました。そのコツコツと積み上げた成果ですね。素晴らしい成長です。 (担当講師:吉澤教務主任)

インタビューの受け答えからもわかる通り、自信が付いたのが伝わりますね!他の教科に比べ、最適解がない作文はつばさくんの得意とするところではなかったですが、見事に成長しましたね!小3、ラビット(思考パズル)コースから来ていた彼を知っている私達も本当にうれしいです!

中学部秀作賞受賞・宮山君
Q 今の気持ちは?
A 自分の考えや意見を書いた作文が選ばれてうれしいです。これから作文や要約を書く際、自信になると思います。
Q どのクラスが今回の受賞につながった?
A 夏期講習・推薦論文対策
Q 次回、コンクールを目指す生徒になにかアドバイスを
A 文章を書く基礎をしっかりすることが大切だと思います。



宮山君プロフィール
ミヤヤマタカヒロ
荒川区立赤土小卒
荒川区第九中学校3年
小5から自由塾生。
個別指導チュートリアルコース在籍中。
趣味/特技はサッカー。都大会ベスト16

【担任の目】

▶講評

貴弘君は『日本の平均寿命と医療』について書いてくれました。そして家庭での介護体験を盛り込み、社会保障問題へと発展させた、中学3年生らしい知性あふれる内容でした。

▶貴弘君について

小学生の頃、彼の国語をずっと担当しておりました。読解センスと基礎学力のある生徒でした。6年生の後半は中学のテキストを使用。予習がたくさん出来ました。部活との両立で、辛そうだった夏期講習。それでも成績を維持。日頃の積み重ねと努力ですね。 (担当講師:吉澤教務主任)

鳴坂君同様、赤土小学校時代から自由塾では『ことばの学校』を受講していて、沢山の本に触れました。そんなことも、今回の受賞につながったのかもしれませんね!おめでとうございます!



自由塾町屋教室



台東区入谷・荒川区日暮里・町屋の学習塾・進学塾は自由塾へ

最新情報はこちら>>
--------------------------------------------------
◼︎入谷教室:東京都台東区入谷2-25-4
◼︎電話:03-5603-6846
--------------------------------------------------
◼︎日暮里教室:東京都荒川区東日暮里6-60-1
◼︎電話:03-3806-3610
--------------------------------------------------
◼︎町屋教室:東京都荒川区町屋2-9-2
◼︎電話:03-5855-1019
--------------------------------------------------
お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.