ブログ
4年間塾講師をして学んだこと
2021. 7. 7/【ブラボー先生®倍ほめコラム】 /
おはようございます。東京荒川区・都電沿線で自由塾町屋教室を運営しているブラボー先生®こと教室長のヨシモトです!

自由塾町屋教室には多くの学生講師が所属しています(社員は2名、プロ講師も2名)。で、皆大学入学と同時に研修を受けて、大体の先生は卒業するまで在籍してくれます。おおよそ4年から6年(大学院)という期間、自由塾を支えてくれます。

自由塾は今年丸七年。その内四年間を一緒に過ごして今春自由塾を卒業した講師から、お手紙が来ました・・・










人間最初は誰もが天才。そしてだんだん凡人になる。
──『すべてがFになる』(森博嗣)



おはようございます。
東京下町・都電沿線にある学習塾で講師を勤めていた者です。

塾講師をしていて最もゾッとした体験を書きます。



その小学4年生の子とは初対面でした。
算数の授業。様々な図形の面積を求める問題。
その子はかなり頭が良く、僕の指示した問題をスラスラ解いていきました。宿題もキチンと持ってきて、当然のように満点。もう一人の生徒が苦戦していたのもあり、大変失礼ながらちょっと手薄になってしまった感は否めません。



 ……そして授業が半分ほど過ぎたとき、


 「先生分かりません」


その子が不意に手を上げました。
あぁやっぱり完璧な子なんていないよな──そんな風にどこか安心して、面積の応用問題についてホワイトボードにアレコレ書き込みました。彼女はうんうんと頷きながらノートへ鉛筆を走らせました。



 「ありがとうございます。分かりました」



彼女は大層納得した声を上げて、再びスラスラと問題を解いていきます。
僕は講師としての努めを果たせて、満足気にその様子を眺めていました。



……しかし後々考えてみると、僕が解説した問題は──すでに宿題で似たようなものが出題されていたと思うのです。そして宿題は満点でした。真偽は最早分かりませんが……万が一の可能性として、彼女は“僕から教えてもらうため”に手を上げたのではないでしょうか。



本当は分かっているけれど、
人間が求めがちな格好良さを切り捨てて、
初対面の講師とコミュニケーションを取るために、


 (性悪な勘ぐり方をすれば、良い印象を与えるために)
 (性善な受け取り方をすれば、僕に花を持たせるために)


彼女は手を上げたのではないでしょうか。

 
そう考えたとき、僕は子供の恐ろしさに触れたような気がするのです。



親族の愚痴をここに書いたってしょーもないのですが、聞いて下さい。
両親が従兄弟にとる態度が嫌いです。


いわゆる子供向けの態度。
でもそれが悪いって言ってるんじゃないんです。からかうような、諭すような、探るような喋り方……ってありますよね。(これ伝わってます?)
小学生を相手にしたら、誰だってそーゆー喋り方になると思います。猫と同じです。
そうするのは普通ですからなにも悪いことはありません。皆そうしていますし、そうされてきましたから。

でも嫌いです。

子供だから、丁重に、目線を低くして、ゆっくりと……。
そうやって癖のように忖度してしまうのは、すなわち無意識の内で対等に見てないってことなのではないでしょうか。



三谷幸喜の『子供の事情』という舞台をご存知ですか。
天海祐希、大泉洋、吉田羊、小池栄子……といった名だたる俳優10人が、全員10歳の小学生役を演じるという斬新な作品です。役者陣はなんと、26歳から63歳という幅広い年齢層を持ちます。
“大の大人がそのまま小学4年生を演じる”という演出に大きな意味を感じますね。
この舞台において、大人と子供は対等に扱われているのです。おすすめです。


僕達が子供だったときを思い返せば、確かに愚かであると同時に、それなりに色々考えていたはず。子供扱いされるのにイラッとしながら、子供扱いされる子供のフリをしたこともあるんじゃないでしょうか。

その事実を思い返せるのであれば、講師や親が胸に刻むべき言葉は多分これです。




“おとなは、だれも、はじめは子どもだった。(しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。)“
──『星の王子さま』序文(サン=テグジュペリ)







最後に寄せてくれたメッセージが、とっても詩的で考えさせられるものでした。

ワタシも、アナタも、はじめは子どもだったんです。

彼らと目線を同じにすることは、昔の自分を取り戻す作業デス。

先生、四年間お疲れさまでした!自由塾で培ったその情熱を、是非次のステージで遺憾なく発揮してくださいね!応援しています!

疲れた時には遊びにおいで!


おしまい


自由塾町屋教室
ブラボー先生®






台東区入谷・荒川区日暮里・町屋の学習塾・進学塾は自由塾へ

最新情報はこちら>>
--------------------------------------------------
◼︎入谷教室:東京都台東区入谷2-25-4
◼︎電話:03-5603-6846
--------------------------------------------------
◼︎日暮里教室:東京都荒川区東日暮里6-60-1
◼︎電話:03-3806-3610
--------------------------------------------------
◼︎町屋教室:東京都荒川区町屋2-9-2
◼︎電話:03-5855-1019
--------------------------------------------------
お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.