ブログ
定期テストの勉強法 そのままでいいの?
2019. 10. 16/入谷教室のブログ /
区立中学の定期テスト、一昔前とは様変わりしています。
学年平均点50点前後はざら、なぜこんなことになるのでしょう?
私なりにその原因を考えてみました。

①問題傾向の大きな変化
大学入試改革を意識して、記述式問題や活用力、思考力を問う問題が増えています。
これに対応しきれない子が多いのです。

②学校のテスト前課題が多すぎる!!
これは、子供たちから最近よく聞こえてくる悲鳴です。
確かに学校によっては、多すぎるような気もしますが…。
でも、終わらせて提出しないと内申が下がる→
課題を終わらせるのが精一杯で、自分なりのいわゆるテスト勉強ができない。
こういった悪循環になっているのです。
学校の課題と自分なりのテスト勉強を上手に両立させないと、定期テストで結果を出すことはできません。

一昔前、ましてやお父さん、お母さんのやっていたテスト勉強では、もう通用しなくなっているのです。
「もう一度、テスト勉強法から見直しませんか?」
自由塾入谷教室では、テスト勉強、家庭学習へのアドバイスから始めます!

ただいま、「期末テスト勉強の特別カウンセリング」受付中です。
どんなことでもお気軽にご相談ください。

 「いきいきと学ぼう!」自由塾
 台東区入谷教室
 代表:中島 


中学選びのポイント
2019. 10. 12/入谷教室のブログ /

小学6年生は公立の中学を選ぶ時期がきましたね。

中学校は校長先生により大きく学校の色が変わってきますが、伝統的に変わらない部分もあります。

毎年多くの生徒を見て、学校の様子を聞いておりますので、私共も学校ごとの特色をつかんでおります。


中学校選びのポイントはいくつもあると思います。

例えば、バスケットボールを強い学校でやりたいということであれば、バスケットボール部の強豪校を選べば良いわけです。また、学校ごとに学力の差があるのは事実なので、学力の高い学校での学校生活を望むのであれば学力の高い学校を選ぶことがベストでしょう。


どの学校を選べば良いかわからない場合は、学校選びの一つのポイントとして、高校入試を見据えて内申の取りやすい学校を選ぶ方法があります。


内申とは簡単に言うと通知表の成績のことです。

内申は高校入試の際、特に都立高校を受験する場合はかなり重要になってきます。


先にも述べたとおり、学力の高い学校は内申を取り辛くなってきます。内申が取れないと高校選びが厳しくなってきてしまいます。ですので、学力が高いからといって安易にその学校を選んでしまうと、後に苦しくなってくる場合もあります。


中学校選びは大切です。

学校選びでお悩みな方はご相談ください。

夏期講習初日 熱く始まりました!
2019. 7. 23/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
本日より夏期講習Ⅰ期目がスタート。
Ⅰ期は受験生が中心ですが、例年以上に熱っぽく机に向かっています。


「本気の夏!」「充実の夏!」を全力サポートするべく、講師達もミーティングと準備を重ね、今日を迎えました。
最高の夏期となるよう、最終日まで突っ走ります‼


自由塾入谷教室、日暮里教室の夏期講習はⅣ期まで。
Ⅱ期(7/29〜8/2)から
Ⅲ期(8/19〜23)からの受講も可能です。

まだ、空席のあるクラスも一部ございますので、ご相談ください。

 「いきいきと学ぼう!」
  自由塾入谷教室・日暮里教室
  代表 中島正浩
台東区の区立中学生限定 高校進路フェア情報
2019. 7. 4/入谷教室のブログ /
保護者の皆様、教育相談会にご参加いただきありがとうございました。

面談させていただいた内容につきましては、講師と情報を共有し、より良い指導ができるように努めて参ります。

今日は進路フェアの情報を掲載いたします。


7月20日土曜日 都立産業貿易センター(浅草寺二天門向かい)にて台東区立の中学校に通う中学生限定の進路フェアが行われます。

中学3年生の生徒はもちろんですが、中1、中2の生徒には受験というものを意識させるのに良い機会になるかもしれませんよ。

詳しくは↓をご覧ください





第7回ニュース作文コンクール
2019. 7. 3/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
日暮里教室の河野です。

今年も、このイベントがやってまいりました。

自由塾では第2回から毎年応募しております。
僭越ながら、日暮里教室では、4年連続優秀賞受賞をはじめ、
佳作も合わせて毎年3、4名の受賞者を輩出しております。
この裏打ちされた実績から、自由塾は作文に強い塾と言っても
よいのではないかと、そう自負しています。

矛盾する言い方ですが、この実績はあくまでも結果論で、
私は一担当者として、受賞以上に受講生が真剣に新聞記事を読み、
何度も何度も作文を書き直して、上達していく姿が一番うれしく、
遣り甲斐を感じております。

中高一貫校を目指す小学生、都立高校の推薦入試を目指す中学生は、
受験前の腕試しともいえる一大イベントです。

真剣に新聞記事を読み、問題の本質捉え、考え抜いて、作文を書く。
シンプルですが、それが作文を上達させるには最善の方法です。

この夏、作文を上達させたいという方は、ぜひチャレンジしましょう!
夏期講習中に、何回かニュース作文の授業を行います。
その日は、前もってブログでもお伝えしますので、ブログの更新をチェックしてください!
夏期講習特別企画①「読書感想文 書き方講座」
2019. 7. 2/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
毎年、夏休みに苦労するのが読書感想文。
親子で8月後半にあたふたしながら、仕上げていませんか?

今年こそ早目に仕上げたい。子供だけで完成してほしい…
自由塾にお任せください!
当塾では夏期の特別講座として、4日間で読書感想文の書き方のコツから完成まで指導します。
文章のプロの特別講師(?)をお招きしてのスペシャル講座です。文章の書き方のトレーニングにもなりますよ。

この講座、早くも満席になりそうな勢いで、受講のお申し込みが来ています。
お早目にどうぞ!

日暮里教室
8/5(月)〜8(木) AM11:10〜12:30
対象:小3〜小6
受講費:4回セット 8,000円(税別)

夏期講習の資料請求、プレ講習のお申込、詳しい説明を聞きたい!
          ↓
        Click
      夏期講習の詳細は
          ↓
        Click
 
定期テスト勉強法 英語編
2019. 6. 21/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
一学期は本当に学校行事が多く、あっという間に期末試験一週間前になってしまいました。

今日は英語の勉強法について簡単に話したいと思います。

英語は単元ごとに学んだ文法も大切で、生徒たちも文法を理解しようと頑張ってくれます。
しかし、定期試験で点を取るためには文法ばかりやっていてもダメなのです。

定期テストはテストを作る先生によっても内容はまちまちですが、必ず教科書の本文が登場します。
そこには、もちろん文法もありますが、【重要表現】といったものが存在します。
この重要表現を疎かにしていると思ったより点が取れなかったりするのです。

ですので、定期テスト前になると必ず授業では教科書内容の確認をしています。
ワークが終わって家で何をすれば良いのかわからなかったら、教科書の本文を訳せるのか、単語や重要表現は書けるのか確認してみましょう。
文法以外にも教科書内容の把握をすることがとても大切です。


 副塾長高松
夏期講習の外部生募集始めました!
2019. 6. 20/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
夏期講習の詳細はclick

夏期講習の資料請求  →click
夏期入門講座希望(7/12までのお申込で無料)click
夏期の説明を詳しく聞きたい方 →click
勉強に魔法のランプはありません
2019. 6. 17/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /

私には4歳の娘がいます。

先日、娘のリクエストで、不朽の名作「アラジン」実写版を観に行きました。

とても素晴らしい映画でした。


さて、現実の世界の話をしましょう。

区立中学は、今月末に期末テストがあります。

毎回、同じ話になりますが、定期テストでよい得点を取るには、

いくつか方法がありますが、今日は、そのうちの1つ数学編をお伝えします。


とにかく、途中の計算式を疎かにしないことです。

得点できない生徒の共通点として、途中の計算式を疎かにしていることが挙げられます。←【ポイント】

頭の中で計算するのではなく、ノートに書いて、見える化しましょう。←【ポイント】

そして、解説してもらった内容を、もう一度、自分の力で解き直しましょう。←【ポイント】

私は、教え方よりも自立学習を確立してもらうことに注力しています。


残念ながら、現実の世界に魔法のランプはありません。

もちろん、ジーニーもいません。

コツコツと基本を忠実に、途中式を書いて1つ1つ理解を積み重ねていきましょう。

それが、得点アップ、成績アップの秘訣です。

自由塾 室長 河野 元徳

---

お問い合わせは↓こちら↓

https://jiyujyuku.com


中3の生徒、保護者の皆様へ 1学期の期末テストも大事です!
2019. 6. 14/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
中3の生徒の皆さん、保護者の皆様へ
「夏休みから、あるいは2学期になったらがんばる」と思っいませんか?

1学期の成績は受験に関係ない?
そんなことはありません。
私立高校では、1学期の成績を参考にするところが少なくありません。
そして何より、区立の中学では、1学期の成績をもとに受験する高校の振分けが始まるのです。

もちろん、2学期に大挽回、大逆転というケースもまれにあります。
でもでも、そうするには半端ではない努力が要されるのです。

まずは、1学期の成績。
1学期の期末から高校受験は始まっているという覚悟を持って、この期末テストに臨むことが大切です。

塾では、中3の生徒たちに直接そういったことを伝えています。
少しずつ目の色が変わってきた生徒が出てきました。
「さあ、ここが出発点です!」

 「いきいきと学ぼう!」
  自由塾塾長 中島正浩

お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.