ブログ
M様からいただいたメッセージ
2019. 6. 25/【ブラボー先生®教育コラム】 /

娘がお世話になったのは小学校5年の12月。
他の塾に通っていましたが、移動時間や勉強時間の多さに体調を崩しやすくなってしまい、このままではいけないと、思い切って他の塾を検討する事にしました。他の塾も検討した上、お友だちの紹介もあり、こちらの塾にも相談をさせて頂きました。

先生からは、『環境がガラリと変わる事が本当に本人にとって良い選択なのかを考えてください、お母さんが近くて楽だからなどの理由で転塾を考え無い方が良いですよ。』他、なぜ都立中高一貫のクラス希望なのかなど、初めから娘にとって何が一番良いのか一緒に考えてくださいました。面接をした時点で信頼のできる塾だと感じました。まさか転塾を断られると思ってなかったのでびっくりした事を覚えてます笑。

娘は、内弁慶な性格で新しい環境に慣れるのに時間のかかる子です。しかし、先生方は、自然に娘が硬い殻から自ら出てくるように声かけをしてくださいました。勉強面でも同じく、勉強の楽しさを感じる事ができるようご指導くださいました。

塾へは、楽しみに行き、帰ってくると笑顔で楽しかった!と帰ってきます。
難しい内容のプリントを持って帰ってくるので本当にできているのか、できていないのかよくわかりませんでしたが、間違いなく勉強をいきいきと学んでいる事を感じました。
思い返せば、自ら取り組んでいたので、私が、宿題はやったの?勉強しなさい!などの言葉はいう必要はありませんでした。
大切なのは、やらされているのではなく自らやっていること。その中で勉強の楽しさに気づいていくこと。この事は後に本人の生きる力となっていくと思っています。

結果は、都立中高一貫は不合格。私立中学は合格、補欠合格をそれぞれ頂きました。
そして、最終的にどこの中学校へ行くか。本人の出した答えは、公立中学校です。

本当に行きたかったのは、都立中高一貫校だから、高校で自分が行きたい場所をもう一度受けたい!

現実の厳しさをわかっているのかいないのかわかりませんが、そんな発言がでてくるとは思ってもいませんでした。
不合格と合格を受け、本人も複雑な思いがあったと思います。しかし、その思いを整理して答えを出せたのは、自由塾で主体的に勉強をしてきた日々があったからだと思います。

先生と親との風通しも良く、ラインでやり取りも気軽にさせて頂き、親の安心が子どもの安心にも繋がっているのだと思います。

反抗期に差し掛かってきた娘にとって、自分のもう一つの場所として大切な場所にもなっているようです。勉強面だけでなく、人として大切な事も導いてくれる場所。親だけではなく外の師と出会えた事を本当に感謝しています。

中学になっても自由塾で勉強したい。

子どもの言葉がなにより本当の言葉だと思います。




【ブラボー先生®教育コラム】ブラボー先生流エンタメ授業
2019. 6. 24/【ブラボー先生®教育コラム】 /

長く子供達と勉強をしていて感じること。それは、成績に伸び悩んでいる子は、どうも難しく『勉強』そのものを捉えているのではないか、ということ。あるいは、今まで積み重ねてきた多くの失敗体験が、新たに学ぼうという気を、勇気を削いでいるのではないか??

私の多くのクラスで私は基本、ウケを狙いに行ってます笑。そして私は、そういう『子供を乗せて、その気にさせる』プロであると思っていて、授業もエンタメ色を出なければいけない、と思っています。とにかくペンを持たない子供達に、どうにかペンを持たせたい。持たないのであればいっそ、ペンを使わない授業を提供する。しかしいきあたりばったりだと、どうしても子供に見透かされますから、各コマじっくり準備の時間を取ります。ですから開校当時の全コマ授業は本当に辛かった。やりまくってやりまくって、逆にストレスで人生最大に肥えました笑。今は、吉澤教務主任に加えて荒川教務主任もいるし、久保木師以降の塾OB講師がたくさん増えたので、この頃私は講師に自分の背中をみせて私のコモディディ化を図るというよりむしろ、実際に言葉を掛けて、教務日誌にメッセージを入れて講師の良さを引き出す方へ、プロデュースの方向に進んでいるような気がします。毎日、全生徒の各講師からの教務日誌に目を通します。沢山の塾生を預かっているので、そのお仕事だけでもそこそこの時間掛かります。でもこれはこれで子供の様子がわかる大切な工程ですから、教務主任にはまかせず、必ず私がしていることです。今日だって、公休日ですけれども、こうしてお仕事笑。働き蜂なんですね、ワタシは。そして好きな事で一生懸命になれるそんな自分は、割と好き笑。実際私のやってる授業のやり方なんてみて真似されたら危なっかしいので汗、真似してほしい部分はコンセプトだけにしてもらってます。つまり、『いきいきと学ぼう』。けして苦行じゃ無いのよね、って基本路線と、褒め育て。これが幹です。

学習塾としては珍しい、英語二科目目が自由塾町屋教室にはあります。それが『英語プラス・英語四技能クラス』です。クラスを受講している生徒の内訳といえば、英語が好きな子と、伸ばしたい子(親が)がおおよそ半々。どちらの生徒も、非常に恥ずかしがり屋が多いですね、例年。間違えることを極端に嫌がる。だから、授業中、あまり手があがらないのですね。反抗期と照れ臭さとで。どちらかというと年齢が下がるにつれ本当の意味での ❛いきいきと学ぼう❜ が実践できているような気がします。私は、年長者も、楽しく勉強してほしいと思っている方ですから(宿題も多い方)、なるべくエンタメ要素を入れた授業を心がけています。まだな〜んとなく、一学期中は生徒もちょっと浮ついています。クラスメイトが誰だって固まるまではみんな様子見。これが、キモチワルイ笑。ですから最初はもう、ブラボー先生がとにかく話しまくる授業が展開されるわけで。でも早く馴染んでほしい。と、いう事で基本は、生徒の面白回答を誇張してホワイトボードに絵を描き、実際に動き、みんなで笑いながら解いていくことに注力しています。みんなを巻き込んで授業を進めると、個別とはまた全然違う風景になりますね。やるのは自分なんだけども、となりの生徒と切磋琢磨する事は、お互いが伸びていくことを実感できます。教えている私も子供達も手応え感じたら、後はバリバリ頑張るだけです。0→1がうまくいくと、今年も育つぞ、と確信を持てるようになります。

勉強をする事って本来、いままで知らなかった知識を得る、とっても素敵な行為のはずなんです。ほんのちょっとのきっかけで、子供はすくすくと伸びていくのだと信じています。きっかけは、面白解答で先生から『そんなワケあるかーい!』ってイジられるくらいがちょうどいい、と私は思っていますよ。もちろんそういうの苦手な子供もいるから、うまい塩梅で。

しかし空気感を読めずに一人だけずっと面白解答に執着していると、やっぱり叱られちゃうわけですね笑。

今年の中2クラスはとってもオモロいメンバーが揃いました。人数は少ないですが、ヤンチャでうるさく笑、みな自己主張強め笑。スピーキングの補助に、とAI教材(!!)の導入を検討していて、現在試験運用中なのですが、みんな超自分勝手にスマホに向かって大きな声で話しまくる笑。弁当持って夜まで頑張る隣の小学自習生達のクスクス声が、だんだんと大笑いに。楽しい授業の方が絶対に覚えるので、こんな時私は止めません。一緒にゲラゲラ笑いながら突っ込んでます。

まだ人数は三人と、とっても少ないクラスですが、このクラスはもう受験を見据えてます。来年、この子達が台風の目になって暴れ回ります(多分、文字通り汗)。仲間も少し募集してますよ。




言うこと間に受けて
面白解答を答案用紙
にかいてはならぬ。
特に定期テスト中。
自由塾町屋教室
ブラボー先生®︎



定期テスト勉強法 英語編
2019. 6. 21/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
一学期は本当に学校行事が多く、あっという間に期末試験一週間前になってしまいました。

今日は英語の勉強法について簡単に話したいと思います。

英語は単元ごとに学んだ文法も大切で、生徒たちも文法を理解しようと頑張ってくれます。
しかし、定期試験で点を取るためには文法ばかりやっていてもダメなのです。

定期テストはテストを作る先生によっても内容はまちまちですが、必ず教科書の本文が登場します。
そこには、もちろん文法もありますが、【重要表現】といったものが存在します。
この重要表現を疎かにしていると思ったより点が取れなかったりするのです。

ですので、定期テスト前になると必ず授業では教科書内容の確認をしています。
ワークが終わって家で何をすれば良いのかわからなかったら、教科書の本文を訳せるのか、単語や重要表現は書けるのか確認してみましょう。
文法以外にも教科書内容の把握をすることがとても大切です。


 副塾長高松
夏期講習の外部生募集始めました!
2019. 6. 20/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
夏期講習の詳細はclick

夏期講習の資料請求  →click
夏期入門講座希望(7/12までのお申込で無料)click
夏期の説明を詳しく聞きたい方 →click
勉強に魔法のランプはありません
2019. 6. 17/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /

私には4歳の娘がいます。

先日、娘のリクエストで、不朽の名作「アラジン」実写版を観に行きました。

とても素晴らしい映画でした。


さて、現実の世界の話をしましょう。

区立中学は、今月末に期末テストがあります。

毎回、同じ話になりますが、定期テストでよい得点を取るには、

いくつか方法がありますが、今日は、そのうちの1つ数学編をお伝えします。


とにかく、途中の計算式を疎かにしないことです。

得点できない生徒の共通点として、途中の計算式を疎かにしていることが挙げられます。←【ポイント】

頭の中で計算するのではなく、ノートに書いて、見える化しましょう。←【ポイント】

そして、解説してもらった内容を、もう一度、自分の力で解き直しましょう。←【ポイント】

私は、教え方よりも自立学習を確立してもらうことに注力しています。


残念ながら、現実の世界に魔法のランプはありません。

もちろん、ジーニーもいません。

コツコツと基本を忠実に、途中式を書いて1つ1つ理解を積み重ねていきましょう。

それが、得点アップ、成績アップの秘訣です。

自由塾 室長 河野 元徳

---

お問い合わせは↓こちら↓

https://jiyujyuku.com


自習がやまない
2019. 6. 17/【ブラボー先生®教育コラム】 /
━━━━━━━
自習がやまない
━━━━━━━

自由塾町屋教室は、土曜日は2時から7時半頃まで自習室を開放しています。自習室には荒川教務主任のデスクもあり、いつでも質問などできるようにしています。
これはある日の自習室の風景です。


ぎゅうぎゅうですね笑
土曜の授業のある生徒より多いかもしれません笑
僕と吉元が思わず偉いなあなんて呟くぐらい、皆よく頑張っています。

受験が終わると、受験生たちが連日自習に来ていたのが落ち着いていたのですが、ここに来てまた増えてきました。
対策週間で受講する子が早くに来て学校の課題をやったり、塾での復習をやりにきたりしています。スマホは預ける(かいくぐった子も見つかれば没収)ようにしているので、強制的に自分を勉強の環境に置くことができるみたいです。

学校も学年も違う生徒が入れ代わり立ち代わりで、常に埋まっているような状態です。
やっている内容は各自、学校の宿題・塾の宿題・自習用のテキストなどなど様々ですが、大切なことは、自分で何をやるか決めて用意してきている、という事です。


自由塾として自習室に関して来るよう指示するということは、相談を受けたり、入試を控えた子供を除いて基本的にはありません。開けているから来てもいいよというだけです。

「親に言われたから来た。何やればいいですか?」
こんなこと言う生徒は下手したら追い返します。一人もいませんけどね。
定期試験前のテスト対策ではチラホラ見られ、ヨシモトの雷をうけることも笑

「〜の分野の〜が苦手だから練習したいんだけど、良いのないですか?」
「〜がよくわかってないから、わかりやすい解説ないですか?」
こんな風に聞いてくる生徒には、うざいくらいアドバイスします笑

やるのは先生ではなく自分。勉強は、与えられるタスクー仕事ではなく自分の目的の為の手段。
塾では何度も繰り返していますが、このことをきちんと理解できている子たちは伸びていきます。
やれば、みんな伸びます。そう到達するまでに各個人差があるだけで。私達はきちんと誘導できるよう、日々汗をかいています。

つい先日体験授業を開始した体験生。保護者の許可を得て、体験中なんですけど(笑)、ちょっと御紹介しますね。

体験二日目にして、この打ち解けよう!どの子が体験生か、これではわかりませんね(笑)

上の写真は、体験生徒と内部生徒達が、授業の後に中食をとっている一コマ。授業は17:00〜18:40でしたけど、結局この後中学最終コマが終わる21:40近くまで、その日に習った復習と宿題に頑張っていました。帰属意識のものすんごく高い自由塾生は(笑)、すぐに友達を作ることができます。また、多くの塾生が自習室にかよう習慣ができていて、いいエナジーが教室内を漂っていますので、皆感化されていくようです。これは久保木講師が学生時代の5年前から私達がせっせと撒いてきた種がようやく芽をだしたんだろうなあ、とうれしく思っています。




さあ、今日もいきいきと学ぼう!
自由塾町屋教室



中3の生徒、保護者の皆様へ 1学期の期末テストも大事です!
2019. 6. 14/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
中3の生徒の皆さん、保護者の皆様へ
「夏休みから、あるいは2学期になったらがんばる」と思っいませんか?

1学期の成績は受験に関係ない?
そんなことはありません。
私立高校では、1学期の成績を参考にするところが少なくありません。
そして何より、区立の中学では、1学期の成績をもとに受験する高校の振分けが始まるのです。

もちろん、2学期に大挽回、大逆転というケースもまれにあります。
でもでも、そうするには半端ではない努力が要されるのです。

まずは、1学期の成績。
1学期の期末から高校受験は始まっているという覚悟を持って、この期末テストに臨むことが大切です。

塾では、中3の生徒たちに直接そういったことを伝えています。
少しずつ目の色が変わってきた生徒が出てきました。
「さあ、ここが出発点です!」

 「いきいきと学ぼう!」
  自由塾塾長 中島正浩

受験生が一番最初にするべきこと
2019. 6. 10/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /

私は「定期テストの勉強の仕方」「受験勉強の仕方」に関する相談をよく受けます。

生徒曰く、学校の進路指導、他塾や予備校のアドバイスどおりに取り組んでも、

思うように勉強が進まないようです。

そのアドバイス自体に間違えはないのですが、私は「取り組む順番が間違っているよ」

とアドバイスしています。


受験生になったら、一番最初にするべきことがあります。

自由塾は、私は、最初にそのことを伝えます。

受験生が最初にすべきこと、それは毎週月曜日に日暮里教室でお伝えします。

自由塾の生徒も、他塾の生徒も、ご関心がある方は是非いらしてください。

無料で相談をお受けいたします。


自由塾 室長 河野 元徳

---

お問い合わせは↓こちら↓

https://jiyujyuku.com


【ブラボー先生®教育コラム】その学びを子供達へ
2019. 6. 10/【ブラボー先生®教育コラム】 /
6月2日、とても蒸し暑い日曜日。今年も若手講師対象の研修会を開催しました。自由塾町屋教室が仲の良い桜学舎さんに御誘い頂き、これで三年目の合同研修会。活動が認められ今回はプライベート開催では無く、自由塾が加盟する東京私塾協同組合東支部のイベントに格上げ、沢山の若い講師の先生が丸一日勉強しました。会場をお貸し頂いた駒込高校さん、いつもどうもありがとうございます。

今年は初参加の小岩にあるラーニング・ワンの先生方含め、三十名以上の講師が集まり、6コマみっちり勉強しました。

午前は桜学舎亀山先生による全体研修。講師の役割について二コマの座学を。午後は二コマ、外部よりWoman+α 代表 菊池先生をお招きして学習塾講師マナー講座を受講しました。

東京私塾協同組合理事・進学個別桜学舎亀山塾長による講義。

マナー研修では、社会人に必要な礼儀作法について学びました。

その後は教科毎に分かれての分科会。私もお恥ずかしながら英語の講師を担当しました。いや〜、緊張した。でも、こうして沢山の機会を頂いて私も成長していくのです。

英語分科会担当ブラボー先生。学校の先生みたいにみえますでしょうか?(笑)

当日はお休みの所、駒込中学高等学校河合校長よりご挨拶もいただきました。

大体、人生はいまや100年時代に突入しつつあるのです。勉強が序盤の20年だけだなんて、もったいないと、そう思いませんか?特に私なんて20代から勉強するということ、知ることの喜びを知った方です。

桜学舎、ラーニング・ワン、自由塾町屋教室の若手講師のみなさん、お疲れ様でした。今日学んだ事を、是非子供達の授業に活かしてくださいね!



その学びを、生徒たちへ。
自由塾町屋教室
ラボー先生®︎
先入観という厄介者
2019. 6. 6/入谷教室のブログ / 日暮里教室のブログ /
先日、小学生の授業をしていて、英語の話になりました。
とある生徒が「英語苦手だぁ」と言っていたので、こんな早くから先入観が!と思い授業から少し脱線しましたが、僕が中学1年生に英語を教える時に必ず話す話をしてみました。

英語は26個のアルファベット、大文字小文字を別の文字と考えても52個の文字から成り立っています。
私たちの母国語である日本語はどうでしょう?もちろんご存知の通り、ひらがな46個、カタカナを別の文字と考えればプラス46個、拗音、濁点など入れたら……それに漢字!もう外国人からすればヒエーーーですよね。
そんな世界でも一番複雑な言語でもある日本語を平気で使ってるんだから、大丈夫よ!
と言ってもまだまだ納得いかぬよう。

それならと、「私は」と同じ日本語の言葉はいくつあると尋ねると、クラスの子達から僕は、俺は、わたくしは、うちは、わしは、拙者は、などたくさんの一人称を発言してくれました。

英語には「私は」を表す言葉は「I」しかないんだよと話すと、衝撃を受けたようでした。

このように英語には多くの子に難しいという先入観がリードしています。
先入観というやつは本当に厄介ですよね。

でも、そんな厄介な先入観を乗り越えられれば、英語は比較的簡単にいいスタートが切れるし、得意科目にもできるんですよね。
何としても先入観を取っ払ってあげたいなと改めて思わされた時間になりました。


自由塾副塾長 高松
お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.