新着情報
【期末テスト対策】体験受講生2名のみ募集します。
2021. 6. 4/入谷教室の新着情報 / 日暮里教室の新着情報 /
6月になりました。
現在のような状況だと、余計に時の流れが速く感じますね。
自由塾代表の中島です。

今月20日過ぎから月末にかけて、各公立中学では期末テストが実施されます。それに向けて、早めの準備を始めたいところです。
その前に・・・中間テストの振り返りから。
学校によっては、中間テストが実施されなかったところもありますが、実施された学校の問題や生徒達の結果を見て感じたことを挙げてみます。

●今年度より教科書が大改訂された英語のテストで苦戦している生徒が多い。
これまで1学期の中間テストは特に1年生にとっては、アルファベットや基本的な挨拶、簡単な単語などで多くの生徒が90点以上、平均も80点を超える感じでした。
ところが今年度は、そうではなくなっています。1年生でも平均60〜70点、難しい文法事項が高校からも降りてきた2,3年生はもっと平均が低くなっています。
ある程度予想されたことではありますが、本当に気を引き締めてかからないと、英語が苦手科目になる生徒が増えそうです。
当教室でも、早速その対処法について講師間のミーティングを開きました。

●数学は活用力、応用力を問う問題が増えている。
数年前からその傾向はありましたが、教科書に出てこないような考えさせる問題が増え、配点も大きくなってきています。
単純な計算問題、基本問題ができるだけでは、なかなか得点できません。
70点以上を目指すなら、こうした活用、応用系の問題への対策も不可欠です。

●理科、社会でも考察、記述系の問題が増えてきている。

といった具合で、私達が数年前から唱え続けてきたように教育の流れが確実に変わっています。
大学の共通テストが「活用力を問うテスト」と言っているのですから、当然その流れは高校受験、中学受験にも降りてくるわけです。
今どきの定期テストは、以前私自身も、お父様、お母様世代も経験された一夜漬けではとても太刀打ちできないと心得るべきです。

当塾の定期テスト対策では・・・
●学校のテスト前課題を早めに始めてできるだけ早く(できればテストの1週間前までに)終わらせるよう声掛けしています。
そうしないと、本来のテスト勉強ができないからです。
●そのため、家庭学習も含めて進捗状況を確認し、テスト勉強の進め方をアドバイスしています。
●各中学の出題傾向を把握し、テスト前は試験範囲にしぼった指導を徹底させています。
●テスト前は学校で使用しているワークやプリント、ノートなども使って指導します。
●中学の教科書に5教科完全準拠した自由塾オリジナルの定期テスト対策テキストをご用意しています。

上記のような定期テスト対策を今回少数限定で体験していただく機会を設けます。
●1学期期末テスト対策 特別体験受講生募集
・6/12(土)〜期末テスト終了まで
・塾長、副塾長、教室長が学習予定を考え、家庭学習も含めてアドバイスします。
 ご相談の上、個々に受講予定を組ませていただきます。
・各学年限定2名

ご参考までに、これまでこの定期テスト対策から受講した生徒の結果を一部ご紹介します。
●区立O中 O・M君
英語36点⇒75点、数学61点⇒81点、国語80点⇒77点、社会63点⇒63点、理科31点⇒70点
5科合計271点⇒366点(35%アップ)学年順位70位⇒35位
●区立H中 K・Tさん
英語94点⇒91点、数学92点⇒100点、国語73点⇒87点、社会52点⇒89点、理科92点⇒91点 
国語、社会を中心に指導、学年1位になりました


期末テスト対策体験希望お問い合わせはこちらから 
入谷教室:03-5603-6846 
日暮里教室03-3806-3610 
お問い合わせ・体験入塾のお申込みはこちら!

Copyright (C) 2013.いきいき学ぼう!自由塾 All Rights Reserved.